悪性外耳道炎とはこういう病気!高齢者や糖尿病患者は要注意!

gaijienitamimimi

外耳炎が悪化した病気である

悪性外耳道炎

(あくせいがいじどうえん)

一般的に外耳炎は自然治癒する

病気であり、重症化することは

滅多にありませんが、高齢者の方や

糖尿病患者など、体の免疫力が

低下している方は悪性外耳道炎になる

危険性があります。

悪性外耳道炎は放置していると

最悪、死に至ることもある

非常に恐ろしい病気です。

今回は、この悪性外耳道炎について

解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

悪性外耳道炎とは

悪性外耳道炎とは、簡単に言うと

外耳炎が悪化して、周囲の組織

(側頭骨等)が破壊され、

壊死してしまう病気のことです。

がんではなく、炎症によって

引き起こされます。

症状として、外耳炎の症状が

悪化したような感じであり、

強い耳鳴りやめまい、痛み

聴力障害を伴います。

また、悪性外耳炎の一番の特徴として

黄緑色の耳垂れ(膿のようなもの)が

出たり、耳が臭くなるといった

においが出るのも特徴です。

放置していると、どんどん浸食され

脳神経も破壊し、最悪死に至る

非常に恐ろしい病気なので、ただの

外耳炎でも油断はできません。

悪性外耳道炎の原因

uirusubaikin3

悪性外耳道炎を引き起こす細菌は

緑膿菌(りょくのうきん)と言われ

この細菌は皮膚以外に、周囲の軟骨や

骨を破壊する厄介な菌です。

そのため、悪性外耳道炎の根本的な原因は

外耳炎にありますが、外耳炎の殆どは

悪化することはなく、下手に耳を

いじらなければ自然に治る病気です。

外耳炎ってどういう病気なの?

では、なぜ悪性外耳道炎になるのか

その原因は体の抵抗力にあります。

緑膿菌は非常に恐ろしい菌では

あるものの、毒性は低いので

健康な人であれば緑膿菌がいても

感染することはありません。

しかしながら、糖尿病や白血病を

患っていたり、HIVウイルスに

感染していて、体の免疫力が

極端に低下している人は緑膿菌に

感染してしまう恐れがあります。

また、高齢者も免疫力が低いので

発症する可能性が高いです。

もし持病として、これらの病気を

患っている方ならば、外耳炎が

出たときは、特に注意しましょう。

スポンサーリンク

悪性外耳道炎の治療法

nyuuinntenteki

悪性外耳道炎の場合は、入院治療

原則となっています。

糖尿病を発症している場合には

全身の状態を確認して、血糖値の

コントロールも行います。

外耳道炎は、放置していると

脳神経組織を破壊し、死に至る

危険があるため、早期発見・治療が

極めて重要な病気と言われています。

早期に発見できれば、点滴による治療で

済みますが、病気が進行していると

壊死してしまった部分を手術によって

切除するといった治療が必要になります。

強烈な耳の痛みや耳のにおいに異常を

感じたら、早めに医療機関で治療を

受けましょう。

また、一度治療を行っても再度体の

免疫力が低下すると再発の危険も

あるため、例え治ったとしても

免疫力を落とさないよう努力する

必要があります。

まとめ:高齢者や糖尿病の方は要注意!!

このように悪性外耳道炎は外耳炎が

悪化すると発生する病気ですが

健康な人であれば、発症することは

まずありません。

しかしながら、高齢だったり、

糖尿病などで免疫力が低下している方は

悪性外耳道炎に繋がる恐れがあるので

異常を感じたらできる限り早い段階で

治療を行うのが望ましいです。

もし強い耳の痛みが出たり、

耳の中から黄緑色の膿が出る場合や

外耳炎が2~3日経過しても治らない

場合には、一度耳鼻科で検査を

受けることをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加