歯科矯正で抜歯を行った後に

残る隙間(穴)。

抜歯した日から数日間は、この隙間に

強い違和感を感じるかとと思います。

 

実は、この抜歯した直後は傷の修復に

非常に重要な時であり、抜歯後の隙間を

無暗にいじくると傷口を悪化させ、

傷の治りが遅くなる原因となります。

 

今回は、そんな気なる抜歯後の隙間の

管理方法と気をつけたい点を

4つ取り上げていきます。

隙間に気をつけるべき4つのポイント!

① 抜歯後は数日は強いうがいを控える

ohiyamizuugai

これは医師から言われると思いますが

抜歯後の穴はすぐに塞がることはなく

血餅というゼリー状の血の塊が穴を

塞ぐことで傷口を守ります。

 

簡単に言うと、口の中にできる

かさぶたのようなものです。

 

抜いた穴に血が溜まり、その血が

固まることで、血餅(けっぺい)が

できます。

 

強いうがいをしてしまうと

この血餅が取れてしまうことがあり

傷口が無防備になってしまいます。

 

血餅が取れると傷が塞がるのが

遅れるだけでなく、ドライソケット

呼ばれる状態(骨が血液で守られず

むき出しになっている状態)になり

強い痛みに襲われる恐れもあります。

 

抜歯直後の穴には、物が詰まりやすく

何かと気になりますが、うがいは

無理せず、軽くすすぐくらいで

行うようにしましょう。

 

また、抜歯直後は血が混じって違和感も

ありますが、血が混じった唾液を

無理に吐き出す必要はありません。

無理に吐き出そうとして血餅が

取れてしまっては大変ですからね。

 

② 傷口に触れない

こちらも基本的なことですが

どうしても抜歯した後の隙間は

かゆかったり、痛みなどで違和感を

感じることもあると思います。

 

そこで我慢できずに舌で触ったり、

いじくってしまうと、上記に書いた

血餅が取れてしまうことがあります。

 

隙間には、食べかすが挟まりやすく

気になって触りたくなってしまうことも

ありますが、抜歯直後~数日の間は

そのようなことが起こるのは

やむを得ないことなので、こればかりは

頑張って耐えるしかありません。

 

ただ、我慢できないほどの激痛が

何日も続くといった症状が出る場合は

すぐに抜歯した医師に相談しましょう。

 

③ 食事はどうすれば良いか

okayu

抜歯した後しばらくは今までのように

普通に物を噛むことができず、

傷口にも触れられないので、何かと

苦労することも多いかと思います。

(私も抜歯後3日程は大変でした・・・。)

 

どのタイミングで抜歯をしているかは

患者ごとに異なりますが、ワイヤーが

既についている方にとっては、元から

大変な食事がさらに大変になります。

 

個人的に抜歯後の食事に

オススメなのは

  • うどんやそばなどの麺類
  • おかゆ
  • ウイダーなどのゼリー飲料
  • ヨーグルト

などですね。

 

どれも噛むのに負担がかからず、

抜歯後の隙間があっても比較的

食べやすいです。

 

ただ、麺類やゼリー飲料を

強く吸って食べるのは避けましょう。

 

あまり強く吸ってしまう(啜る)と

血餅が取れてしまうことがあります。

 

とにかく焦らずゆっくり食べて

傷口に負担をかけないように

配慮するのが良いです。

 

ちょっと唾液に血が混じって

変な感じもしますが、多少血が

混じるのは仕方がないです。

最初はどうしても気になりますが、

慣れれば大丈夫ですよ。

 

④ 抗生物質は必ず飲みきる

kusuriranyouzutu (1)

抜歯後、医師から感染を予防する

抗生物質の薬と痛み止めの薬

処方されると思います。

 

痛み止めについては、途中で痛みが

無くなったり、気にならなくなった

という場合には、途中で止めても

大丈夫です。

 

しかし、抗生物質は痛みのあるなしに

関わらず、必ず最後まで飲み切る必要が

あります。

 

抜歯後の傷口は血餅があるとは言え

完全にウイルスの感染から守れる

訳ではないです。

 

抗生物質を服用することで、傷口を

細菌感染から、より確実に守ることが

できます。

 

抗生物質を指示どうりに飲まず

途中でやめてしまうと思わぬ感染症を

引きを越すこともあるので、抗生物質に

関しては、医師に言われた服用方法、

服用日数は必ず守りましょう。

 

■ まとめ:抜歯後の隙間はデリケートなので慎重に

抜歯後は、何かと苦労が多いと

思いますが、矯正を予定どうりに

進めるためにも傷口は確実に

治していきたいところです。

 

むやみに触ったり、強い刺激を

与えたりするのは、傷口の修復が

遅れる原因となるので控えましょう。

 

また、激しい運動や長時間の入浴、

飲酒も、再出血の原因となるので

抜歯後数日間は控えた方が良いです。

(恐らく、その点は抜歯を行った

医師からも言われると思いますが。)

 

抜歯後の傷も早くに治して

矯正を進めていきましょう。

 

【痛みや腫れが出る】親知らずの抜歯後に注意すべき5つのこと

親知らずの抜歯の場合についても

解説しております。

併せて参考にして頂ければ幸いです。