歯科矯正の事前検査の結果、

患者さんによっては「抜歯」が

必要と言われることがあります。

 

「抜歯はしたくないな・・・」

「健康な歯を抜くのはちょっと・・・」

と、本当は抜歯をしたくないと

思ってしまう方が多いのでは

ないでしょうか。

(私も当時は抜歯したくないと思っていました。)

 

ただ、この抜歯にはちゃんとした

理由があって、最初から抜歯をすると

決まっている訳ではありません。

 

今回は、抜歯がなぜ必要になるのか

私の経験から、その主な理由を

2つにまとめてみました。

抜歯が必要になるケース

① 顎のスペースに全ての歯が入りきらない

これは抜歯をしなくてはならない

理由として最も多い理由です。

 

顎の大きさに比べて、多くの歯が存在し

それが原因で歯並びが崩れてしまうので

抜歯をして調整するのが目的です。

 

私の場合は、上の歯並びが

出っ歯だったので、前から4番目の

歯を抜くことで調整をしました。

 

どの歯を何本抜くかは患者さんによって

異なりますが、基本的に多いのは

前から4番目の歯か、親知らずです。

 

特に、親知らずは横や斜めに

傾いていたり、まっすぐ生えてこない

ケースが多いので、よく抜歯する歯に

選ばれます。

 

また、不完全な親知らずは、他の歯を

圧迫し歯並びが崩れるだけでなく、

歯ブラシが行き届きにくくなるので

虫歯や歯周病の原因にもなります。

 

そもそも日本人の顎は歯の数の割に

小さいため、親知らずがまっすぐに

生えてこないケースは多いです。

(最近は親知らず自体生えてこない方も

いるようですが。)

 

顎の限られたスペースに収まるよう

抜歯をすることで無理なく歯並びを

調節することができるのです。

 

逆に、歯並びの状態によっては

抜歯なしに矯正を行うのはそもそも

無理があったり、矯正したとしても

後々、嚙み合わせや歯並びが乱れる

可能性もあります。

 

② 非抜歯矯正にはデメリットや限界がある

上記の抜歯の理由だけでなく

逆に、非抜歯で矯正を行うことの

デメリットなども理解することで

抜歯をする理由がわかると思います。

 

主な、非抜歯矯正の方法としては

  • 歯並びを調節して直す
  • 顎全体を大きくして歯並びを調節する
  • 歯を後方に送り調節する

この、3点があります。

 

確かに患者によっては非抜歯でも

綺麗な歯並びに矯正することは

できるかもしれません。

 

ただ、①で書いたとおりに

そもそも顎のスペースには限界があり

それを無理やり拡張しようとすると

逆に、歯並びや見た目に違和感が

生じてしまう恐れもあります。

 

特に、非抜歯にこだわりすぎてしまうと

本当にあなたに合う正しい矯正が

受けられないとこともありえます。

 

私の矯正を行ってくれた矯正歯科医も

この点は強く強調しており、抜歯した

私自身も、あの時抜歯をして良かったと

思っています。

 

抜歯は必要な歯を抜くのではなく、

あくまでも歯並びに影響を与えない

余分な歯を抜くに過ぎません。

そのため、抜歯したからといって

歯並びが悪くなったり、嚙み合わせが

崩れるといったことはまずないです。

 

抜歯が必要なケースは正しい矯正の際に

出てくることは十分あり得るので、

非抜歯矯正のみ勧めている矯正歯科は

気をつけた方が良いでしょう。

 

本当に腕のある矯正の医師なら

患者の歯の状態に合った治療方を

総合的に判断した上で、どの歯を

抜歯するか説明があるはずです。

 

各医師によって考え方や知識量も

異なるので、本当に非抜歯でないと

嫌という方は、多くの医師に良く相談、

比較をして非抜歯矯正の限界や

リスクを理解した上で決めましょう。

 

■ まとめ:心配なら医師にしっかりと相談するべき

私が体験した中で抜歯が必要だと

感じたこと・知ったことはこの2つの

理由です。

 

確かに、抜歯は一度行ってしまえば

後戻りにはできません。

しかし、非抜歯で無理やり歯並びを

調節するのも、安易で非常に危険な

考えかと思います。

 

矯正の専門医とよく相談して

なんで抜歯が必要なのか

しっかり理由を聞くことが最も確実です。

(私も抜歯をする理由をしっかりと

理解した上で抜歯しました。)

 

ちゃんとした医師なら

どのような理由で抜歯をするのか

必ず説明をしてくれるはずなので

疑問があるなら遠慮せず医師に

聞くことを強くオススメします。

 

【抜歯は全然痛くない!】私が実際に抜歯を体験して思ったこと

ちなみに、抜歯自体は全く痛くありません。

抜歯をするのが怖いという方はそちらの

記事も参考にして頂ければと思います。