お酒には体内の血行を促進させる

働きがあるので、お酒を飲めば

体温を高めことができます。

 

しかし、お酒の飲み方を間違えると

逆に体を冷やしてしまう可能性もあり

謝った方法で飲酒をすることは

冷え性にもつながるので、注意が

必要です。

 

今回は、そんなお酒と冷え性の

関係性について解説していきます。

冷え性とお酒の関係性

冷たいお酒は内臓を冷やす

biruarukorunomimono

体が冷えてしまう原因としてまず

挙げられるのは、キンキンに冷えた

ビールなど冷たいお酒を飲むことです。

 

冷たい飲み物が体を冷やすことは

ごくごく当たり前のことですが夏場は

非常に暑いので、知らず知らずのうちに

冷たいお酒を飲んでしまいがちです。

 

また、冷たいお酒が直接胃に流れ込むと

内臓の働きが鈍くなり、内臓に大きな

負担をかけてしまいます。

 

冷たいお酒を飲むときには、

暖かい料理を食べつつ、ゆっくりと

飲むことが重要です。

 

特に、普段から冷え性気味な方は

空腹時にいきなり冷たいお酒を

飲まないように注意したいですね。

 

発汗によって体温が低下する

aseundouhakkann

お酒を飲むと体が温まり、一時的に

体温が上昇しますが、それと同時に

大量の汗をかきます。

 

急に大量のアルコールを摂取すると

急激に体温が上昇しますが、

その反動によって大量の汗を出し、

体温を下げようとします。

 

それら汗が蒸発すると急激に体温が

低下してしまうため、一時的には

体が温まったように見えても実際は

体が冷えてしまうのです。

 

お酒が体を冷やすとされる一番の理由が

この発汗作用にあるので、お酒の

飲み過ぎには十分注意したいです。

 

もし、お酒で体を温めるのであれば、

一気にお酒を飲むのではなく、食事を

はさみながら、少しずつ飲んで

体内のアルコール濃度を急激に

上昇させないようにしましょう。

 

体を温めるお酒と体を冷やすお酒

osakearukorunihonsyu

お酒には、体を温めるお酒と

体を冷やすお酒の2種類があります。

 

一般的に体を温めるお酒は

  • 日本酒
  • 赤ワイン

の2つが代表的です。

特に、日本酒は体を温める効果が高く

日本酒風呂など美容の面でも

用いられることの多いお酒です。

 

逆に、体を冷やすお酒としては

  • ビール
  • 白ワイン
  • 焼酎
  • ウィスキー

の4つが代表的です。

 

 

特に、ビールに関しては夏の暑さを

吹き飛ばすために好まれるお酒ですが

空腹の状態でキンキンに冷えた状態の

ビールを飲んでしまうと内臓に負担を

かけるだけでなく、体温の低下も

招いてしまいます。

 

冷え性を改善したいという方は、

体を温めるお酒を飲みましょう。

 

アルコール分解に水分が使われる

suibunhokyumizunomimono

アルコールを分解するためには

水分を必要とします。

 

お酒を飲んだ後は、アルコールを

分解するために水分が使われるので

体内の水分量が減少します。

 

体内の水分量が減少すると血液が

ドロドロとなってしまうため

血流が悪化します。その結果として

体温の低下を招いてしまうのです。

 

例えば、飲酒後に感じる

「むくみ感」もこの血流の流れが

悪くなることが原因にあります。

 

血液の流れが悪くなることは

冷え性に繋がる原因なので

お酒を飲んだ後は水分補給も

忘れずに行いたいところです。

 

まとめ:お酒の種類や飲み方には要注意!

お酒は一見すると体を温める働きが

あるように見えますが、それは節度を

守って正しく飲んだ場合の事例です。

 

一度に大量のお酒を飲んだ場合や

空腹時に冷たいお酒を直接飲むなど

お酒の飲み方を間違えると逆に体温を

下げてしまう原因となります。

 

お酒で体を温めるのであれば

暖かい料理を一緒に食べつつ、

お酒は少しずつ飲むと良いです。

 

そして、飲酒後の水分補給も

忘れずに行い、血流が悪くなるのを

防ぎましょう。

正しい飲酒の方法としては「【必読】飲酒時の注意点はこの5つ」の記事も参考にして頂ければと思います。

 

以上、参考になれば幸いです