【女性に多い】膀胱炎とはこういう病気!その症状はこれだ!

hukutuuboukouensutoresu (3)

膀胱炎とは、腎臓で作られた尿を

一時的に溜めておく膀胱が

何らかの形で炎症を起こしてしまう

病気であり、主に20~40歳の女性に

多い病気と言われています。

膀胱炎にはその原因によって

2種類に分けられており、急性単純性

(きゅうせい たんじゅんせい)

膀胱炎と

慢性複雑性(まんせい ふくざつせい)

膀胱炎の2種類があり、

それぞれ原因が異なります。

今回は、膀胱炎の症状の特徴や

その原因について解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

膀胱炎の特徴と原因はこれ!

膀胱炎の症状の特徴

toireboukouen

膀胱炎になると発生する症状は主に

  • トイレに行く回数が増える(頻尿)
  • 排尿時に痛みを伴う
  • 排尿後も残尿感がある
  • 尿の色が白っぽくなる
  • 稀に尿に血が混じる

といった症状が現れます。

何度もトイレに行きたくなったり、

排尿時に痛みを伴う、排尿後も

違和感が残るといった症状は

膀胱炎の大きな特徴です。

また、膀胱炎が悪化した場合、

腹部の痛みが強くなったり、

38度以上の高熱、むくみといった

症状も出ることがあります。

2つの膀胱炎の違い

急性単純性膀胱炎

hukutuuboukouensutoresu (2)

急性単純性膀胱炎は大腸菌などの

細菌が膀胱に入ることで、

一時的に炎症を引き起こし

膀胱炎を発症します。

この膀胱炎はその名称の通りに

急に発生することが多く

症状も一時的なことが多いです。

急性単純性膀胱炎は、膀胱や尿道に

異常がなくても発生する膀胱炎なので

この膀胱炎については、そこまで

心配する必要はありません。

早期に異常に気が付いて、

内科や泌尿器科を受診できれば

重症化することはほとんどないです。

ただ、症状が何日も続くようであれば

下記の病気が原因となって膀胱炎が

引き起こされている可能性があります。

慢性複雑性膀胱炎

hukutuuboukouensutoresu (1)

慢性複雑性膀胱炎は、急性単純性

膀胱炎が悪化することで起こったり、

元々、前立腺肥大症や、尿路結石、

膀胱結石、糖尿病といった疾患を

患っている人に発症することが

多いです。

症状は急性膀胱炎と同じですが

慢性膀胱炎の場合、症状の出方が

軽度なので自覚症状が少なく

急性膀胱炎に比べて発見が難しい

膀胱炎とも言われています。

また、原因が病気にあるために

治療にも時間がかかることが

多いです。

スポンサーリンク

膀胱炎になってしまう原因はこれ!

尿道付近が不潔な状態になっている

uirusubaikin

膀胱炎になってしまう一番の原因は

尿道の付近が不衛生な状態に

なってしまうことです。

膀胱炎の多くは細菌感染によって

引き起こされるため、外部からの

細菌が侵入するのを防ぐことが

重要になります。

特に、女性の場合は体の構造上、

尿道が男性に比べて短く、膣や肛門、

尿道といった各器官が近いために

細菌が入り込みやすいです。

(膀胱炎が女性に多いのはこのことが

関係しています。)

排尿後に残尿を拭き取らないと

細菌が繁殖して膀胱炎を引き起こす

原因となるので注意しましょう。

膀胱炎を防ぐためにも、尿道付近は

常に清潔に保つようにしたいです。

ストレス

sutoresuikarihuan

ストレスを受けると自律神経が乱れ

体の免疫力が低下します。

本来、細菌が膀胱に入ったとしても

白血球などの免疫機能が働いて

細菌が感染するのを防いでくれます。

しかしながら、ストレスによって

体の免疫力が低下していると

その細菌に対する抵抗力も下がるので

必然的に感染症になりやすくなります。

ストレスは体のいたるところに

異常をきたすために、過度に疲れを

溜め込まず、時には運動をしたり、

リラックスして、過度にストレスを

溜めすぎないよう気を付けたいです。

その他、冷えや排尿の我慢も原因

toirebeki

他にもお腹周りが冷えたり、

トイレに行くのを長時間我慢することも

膀胱を引き起こす原因となります。

お腹が冷えてしまうと、膀胱の血流が

悪くなり、免疫機能が低下するため

細菌感染を引き起こしやすくなります。

トイレに行くのを長時間我慢していると

膀胱が伸びてしまうので、膀胱への

負担が大きくなります。

どちらも膀胱炎を引き起こす

原因となるので、日常生活の中でも

少し気を付けたいところです。

また、慢性膀胱炎の場合には

結石や糖尿病といった病気が原因に

あることも多いため、その場合は

その病気を治療する必要があります。

異常を感じたら、早めに内科または

泌尿器科を受診しましょう。

まとめ:排尿時に違和感を感じたら早めに病院へ!

膀胱炎は大きく分けると急性膀胱炎と

慢性膀胱炎の2つがありますが、

どちらも症状は似ており、頻尿や

排尿時の痛み、残尿感といった症状が

現れます。

ただ、慢性膀胱炎の場合、症状が

はっきりとまでは表れないため、

なかなか膀胱炎に気が付かないことも

多いです。

もし、最近トイレに行く回数が増えた

あるいは排尿時の違和感等の

ちょっとした異変を感じた場合には

一度早めに、内科か泌尿器科

受診することをオススメします。

早期に異常を察知して膀胱炎を

治療していきましょう。

少しでも参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加