趣向品として多くの人に愛されている

飲み物の1つ「コーヒー」

 

コーヒーに含まれるカフェインには

眠気を解消したり、集中力を高める効果が

ありますが、コーヒーは刺激の強い

飲み物であるために、飲むタイミングを

間違えてしまうと、腹痛や胃もたれを

引き起こす原因にもなります。

 

今回は、そのようなコーヒーによる腹痛や

胃もたれを防ぐために、コーヒーを飲む

タイミングについて解説していきます。

コーヒーを飲む適切なタイミングとは

朝一番のコーヒーは避けるべき

人間の体は寝ている間にコップ一杯分の

汗をかいており、朝起きた瞬間の時点では

水分不足の状態にあります。

 

コーヒーに含まれるカフェインには

利尿作用があるので、この起床直後の

タイミングでコーヒーを飲んでしまうと

さらに水分が出て行ってしまいます。

 

また、起床直後の人間の臓器はまだ

正常に動いてはいないため、刺激の強い

コーヒーを飲んでしまうと胃に大きな

負担をかけてしまいます。

 

そのため、起床直後にコーヒーを

飲むのは避けて、代わりにぬるま湯を

コップ一杯飲むようにしましょう。

また、コーヒーを飲むなら朝食後に

飲むと良いです。(後述)

 

食前に飲むのも避けるべき

胃に何も入っていない状態の時に

コーヒーを飲んでしまうとカフェインや

クロロゲン酸の働きにより、胃の粘膜に

大きな負担がかかります。

 

これらの成分は胃酸の分泌を促す働きが

あるためで、胃に何も入っていない状態で

コーヒーを飲んでしまうと胃酸が過剰に

分泌されてしまい、結果として胃の粘膜を

傷つけてしまうのです。

 

そのため、基本的には食前にコーヒーを

飲むのは避けた方が良いです。

 

ただ、食前のコーヒーは空腹を抑え、

クロロゲン酸の働きにより糖分の吸収を

抑える働きもあります。

 

食前にコーヒーを飲むことはダイエットや

糖尿病予防に一定の効果があるため、

必ずしも食前に飲むことが悪いという

訳ではありません。

 

コーヒーを飲むなら食後がベスト

コーヒーは食前だと胃もたれの原因に

なりますが、胃に食べ物が入っている

食後のタイミングなら、胃液の分泌が

促進されることで、逆に胃もたれを

防ぐことができます。

 

特に、朝食後にコーヒーを飲むと、

食べ物の消化を助け、起床後の眠ってる

胃や小腸の活動を活発化できるため、

コーヒーを飲むタイミングとしては

最も良いタイミングと言えます。

 

また、日中でも胃が空の時にコーヒーを

飲むことは避けたいので、コーヒーを

飲む前に少し食べ物を口にしてから

飲むと良いですね。

 

まとめ:食前のコーヒーは負担が大きいので注意

コーヒーには、胃液の分泌を促進させる

カフェインやクロロゲン酸が含まれるため

空腹時にコーヒーを飲んでしまうと胃に

大きな負担をかけてしまいます。

 

胃荒れや胃もたれ、腹痛などの原因にも

繋がるため、基本的に空腹時や食前に

コーヒーを飲むのは避けましょう。

 

逆に、食後のコーヒーであれば食べ物の

消化を助け、胃もたれを防げるので

飲むなら食後に飲みましょう。

以上、参考になれば幸いです。