【タバコを吸う人は要注意!】COPDの症状や原因はこれだ!

ikigurusiihai

近年、患者が増加傾向にある病気の

1つである「COPD

別名、慢性閉塞性肺疾患とも

言われている病気です。

この病気はタバコを吸っている

あるいは過去にタバコを吸っていた

喫煙者に多くみられる病気です。

放置していると全身に影響を与えて

合併症を引き起こす恐れもあるため

油断できません。

今回は、このCOPD

(慢性閉塞性肺疾患)の症状や

原因について解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

COPD(慢性閉塞性肺疾患)とは

haitabakokituen

COPDとは、階段やちょっとした運動で

息切れが起こったり、風邪でもないのに

咳や痰が出る病気です。

近年、日本ではこのCOPD患者の

数が増えており、まだ治療を

受けていない潜在的な患者を含めると

厚生労働省の推定で500万人以上

存在すると言われている病気です。

症状が悪化すると、食事や着替え、

歩行などちょっとした動作でも

息苦しくなったり、咳や痰が

長引くことで日常生活に支障を

来す恐れがあります。

さらに症状が悪化してしまうと

歩行時や睡眠時に酸素を鼻から

吸入する在宅酸素療法という

酸素吸入が必要になる恐れも

あります。

特に、COPDは肺炎や肺感染症、

骨粗しょう症や体重低下、筋力低下など

他の合併症を引き起こす恐れもあるので

単なる息切れなどでは済まされなくなる

危険性を潜んだ恐ろしい病気なのです。

COPDの原因はタバコ(喫煙)

tabakokinencopd (2)

COPDを引き起こす一番の原因は

タバコ(喫煙)です。

喫煙以外にも考えられる原因は

ありますが、COPD患者の90%以上は

タバコと関係があります。

現在タバコを吸っている人はもとより

過去にタバコを吸っていた人、

タバコの煙を頻繁に吸ってしまう

受動喫煙が多い人にも発症する

リスクは潜んでいます。

そのため、タバコを吸わない人で

あっても、みょうな息苦しさや

咳、痰が出る場合にはCOPDを

疑った方が良いです。

また、近年の研究では、日常的に

タバコを吸う人は吸わない人に比べて、

寿命が10年以上も短いことが明らかに

なっています。

タバコによる悪影響は肺だけでなく

タバコに含まれているニコチン

血液も血管に作用して、肺以外にも

脳や心臓、手足など全身のいたる

ところに影響をもたらします。

そのため、放置していると

CODP以外にも高血圧や糖尿病、

動脈硬化、筋肉量の低下といった

他の病気につながる危険性が高く、

結果として寿命が短くなるのです。

ただ、すでにタバコを吸っている人で

あっても、早期に禁煙することが

できれば、それだけ寿命の低下を

抑えることができます。

スポンサーリンク

COPDの治療方法

tabakokinencopd (1)

COPDの治療法は、現在タバコを

吸っている人であればまずは禁煙を

行う必要があります。

タバコを吸うことが一番の原因なので

確実に予防、悪化を防ぐのであれば

禁煙は避けられないことと言えます。

個人で禁煙を行うのは難しいため、

医療機関の協力の下で、確実に

禁煙を行うことが重要です。

禁煙治療が可能な病院であれば

禁煙補助薬という薬も処方して

もらえるので、禁煙するのであれば

禁煙治療を行っている病院へ

行きましょう。

禁煙以外のこととしては日頃から

ウォーキングや軽い運動で

呼吸の訓練を行い呼吸筋を強化したり

できる限り、タバコの煙がただよう

空気の悪い場所には近づかないよう

行動するのが重要です。

まとめ:禁煙することが一番重要な予防法!

このようにCOPDは喫煙することが

原因となって発症する、肺疾患の

1つです。

最も大きな原因が喫煙なので

COPDを予防するのであれば

禁煙する必要があります。

例え、今は問題なくても高齢になるほど

COPDを発症するリスクが高まり、

最悪、自分の寿命縮ませることにも

なりかねません。

もし、日常的にちょっとした動作でも

息苦しさを覚えたり、咳や痰が

出るようであれば、一度病院で検査、

相談を受けることをオススメします。

禁煙を達成するために必要なことについても解説しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加