【口内を守れ!】唾液の分泌量を増やす超簡単な5つの方法とは?

kousyu

口の中をあらゆる細菌から

守ってくれる唾液。

近年、生活習慣の変化等により

ドライマウスとなっている人の

数が増えているとも言われています。

唾液が多く分泌されれば

それだけ口内が守られるので

できる限り唾液は多く

分泌させたいものです。

今回は、この唾液の分泌を

促進するためにできることを

紹介していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

■ 唾液の分泌量を増やす方法

■ まずはしっかりと水分補給する

water2

どんなに唾液の分泌量を

増やそうとしても、肝心の水分が

不足していては意味がありません。

水分不足は口臭を発生させる

原因にもなるので、適度な

水分補給は唾液の分泌だけでなく

口内の乾燥を防ぐことができます。

ただし、緑茶やコーヒーなどの

利尿作用の強い飲み物

逆に水分が出て行ってしまうので

できるだけ避けたいです。

また、ジュースなどの糖分を

多く含む飲み物も避けましょう。

水分補給には麦茶がちょうど良い

飲み物と言われています。

スポンサーリンク

■ 舌を適度に動かす

舌を動かすことでも

唾液腺が刺激されるので

唾液の分泌量も増加します。

人に見られなくてもできる

方法としては、舌を上の歯の

奥歯から前歯、反対の奥歯へ

なぞるように動かすことで

唾液がそこそこ分泌されます。

もっと極端に言えば

あらゆる歯を舌でひたすら

なめなめすればそれだけでも

唾液を出せます。笑

ただ、やたらに舌を動かすと

逆に舌の表面が傷ついてしまうので

あくまでもほどほどに。

適度に舌を動かして唾液を

分泌させましょう。

■ ガムを噛む・飴を口に含む

ガムを噛んだり、飴を口に

含むことは唾液の分泌を

促進します。

ガムはキシリトール系の物を

噛めば歯にも良い影響を

もたらすので一石二鳥です。

唾液の分泌量を増やすのには

効果的ですが、甘く糖分の多いガムを

頻繁に食べていたり、飴も過剰に

摂取すると虫歯になる危険もあります。

こちらもあくまでも

ほどほどにしましょう。

■ しっかり噛む癖を付ける

唾液の分泌に非常に重要になる

噛む行為。

食事の際にしっかりと噛むことで

唾液の分泌も促進されドライマウス

予防にも繋がります。

また、よく噛むことは

脳の満腹中枢が刺激されるので

食べ過ぎを防ぐことができます。

さらに、しっかりと噛むと

物を細かくするので

胃への負担を小さくするという

効果も期待できます。

噛むことは唾液を出すこと

以外にも多く重要な要素がある

基本的かつ重要な行為なので普段から

早食いなどの癖がついている人は

十分気をつけましょう。

ちなみに、酸っぱい物を

食事に取り入れるのも

唾液の促進には効果的なので

ぜひともチャレンジしてみましょう。

食べるのが苦手な方でも

酸っぱい物を思い浮かべるだけでも

唾液を出せるので口が乾燥していると

感じた時にちょっと意識してみましょう。

(梅干なんかは効果絶大ですよね。

直で食べるのはキツイですが。笑)

■ 適度に運動をする

運動をすること自体は

唾液の分泌量を減らしてしまう

行為ですが、適度な運動は

自律神経を鍛えることができ

ストレスに強い体を作ります。

ストレスに強くなれば自律神経も

安定するので、ストレス性による

唾液の減少を防ぐことができます。

適度な運動は体全体で見ても

非常に重要なことなので

普段全く運動をしない方でも

たまには気分転換に運動する

ことをオススメします。

■ まとめ:どれも意識すれば簡単にできること

このように唾液の分泌量を

増やせる行動は数多く

それもどれもが自分自身で

気をつけていれば簡単に出来る

範囲のことばかりです。

日常生活のちょっとした心がけで

予防できるのでドライマウスが

心配な方は、ぜひとも意識して唾液の

分泌量を増やしていきましょう。

以上、参考になれば幸いです。

唇の荒れる2つの原因とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加