現代では歯科矯正の技術は発達し

どのような歯並びでも綺麗に

治すことが可能になりつつあります。

 

ただ、そんな矯正にも、まだまだ

限界はあり、場合によっては矯正が

できない、或いは難しいという

ケースもありえます。

 

今回は、矯正ができない

主な症状(事例)を紹介していきます。

矯正が困難な理由はこの3つ

■ 歯が癒着(ゆちゃく)している場合

癒着とは、歯そのものが

歯を支える歯槽骨という骨に

くっついてしまった状態のことを

指します。

 

専門用語でアンキローシス

または骨性癒着とも言います。

 

この癒着している歯は

基本的に矯正装置を付けても

動かすことができません。

 

矯正は歯に弱い力を継続的に

加え続けることで歯を少しずつ

動かしていきます。

 

しかし、癒着している場合は、

既に歯と骨がくっついているため、

ワイヤーでどんなに力を加えても

歯は動きません。

 

癒着がある場合はその癒着した歯を

抜歯して矯正を行うのが

一般的な方法です。

 

矯正ができるかどうかは

その癒着の状態にもよりますが

基本的には矯正は難しいと

思っておいた方が良いです。

 

ちなみに、癒着してしまう原因は

主に外傷です。

 

歯に強い力(衝撃)が加わって歯が

曲がってしまったり、一度抜けた歯を

元に戻した場合に癒着することが

あります。

 

実は、私自身も矯正を始める何年か前に

歯をぶつけて、前歯が抜けかかった

経験があります。

 

その歯を元に戻したので、事前の

精密検査では癒着がないかも

調べられました。

(幸い、癒着してはいませんが。)

 

癒着しているかどうかはレントゲンを

撮ることで分かりますが、歯の癒着をを

素人が判断するのは不可能です。

 

歯科矯正で精密検査を受ける際、

過去に歯に外傷を負ったことがある方は

その事を医師に必ず伝えておきましょう。

 

また、レントゲンを撮っても見えない

癒着の場合は、実際に矯正装置を

付けてみないと分からないこともあると

医師が言っておりました。

 

■ 虫歯のある場合

虫歯があると装置が外れたりする

恐れがあるので矯正はできません。

 

と言うよりも矯正を始める前に

先に虫歯を治療してから矯正を

行うと医師に言われると思います。

 

ただ、その虫歯の歯が矯正によって

抜歯の対象となる歯の場合

虫歯治療をせずに矯正中の抜歯で

対処することもあります。

(虫歯があまり進行していない場合ですが。)

 

虫歯はないに越したことはありませんが

「せっかく虫歯を治療したのに

結局抜歯することになり、その分の

費用を無駄した。」とならないよう

できれば先に矯正の精密検査を

受けることをオススメします。

 

■ 歯周病がある場合

歯周病があると歯を動かした際に

骨の形成が上手くいかず、歯並びを

上手く調整できない可能性があります。

 

また、逆に歯周病が悪化してしまう

恐れもあるので、基本的に歯周病が

進行している状態では歯科矯正は

できません。

 

こちらも虫歯と同じように

先に歯周病の治療を終えてから

矯正を始めるのが一般的です。

 

ただ近年、最低限炎症を抑えることが

できれば矯正と同時に歯周病も

治すことが可能であるという報告も

出てきています。

歯周病でも矯正できる?矯正すると歯周病も治るかも!?

 

歯を確実に動かすには歯茎の健康も

非常に重要なので、日頃の歯磨きで

しっかり対策しておきたいものです。

 

+α 歯の本数が極端に少ない方

歯を支える装置を付ける関係上、

歯の本数が極端に少ない方も

矯正ができない可能が高いです。

 

この場合は矯正以外の方法も

(インプラントや入れ歯等を)

併用しつつ矯正を行います。

 

治療方法は歯や患者の健康状態によって

様々なので、歯の本数が少ない場合でも

まずは矯正専門医に相談することを

オススメします。

 

■ まとめ:癒着以外は日頃の歯磨きで対策できる

矯正を行う前に、これらの異常が

分かった場合には、その処置が優先され

結果的に矯正の開始時期や矯正の期間が

遅れてしまうことがあります。

 

癒着に関しては、精密検査を行った上で

装置をつけて試してみないと

分からないため、こればかりは

仕方がないです。

 

ただ、虫歯と歯周病は日頃から

正しい歯磨きを行っていれば

十分対策はできます。

 

もし矯正を始めようと思ったなら

その状態で矯正を始められるかどうか

歯の健康にも気を使いましょう。

以上、参考になれば幸いです。