皆さんは、何もしていないのに

口の中がパサつくことは

ないでしょうか。

 

それはもしかしたら

ドライマウスになっている

のかもしれません。

 

ドライマウスは唾液の分泌量が

減少する病気ですが、放置してると

口の中のいたるところに悪影響を

及ぼす厄介な病気です。

 

今回は、このドライマウスの

原因について解説していきます。

スポンサーリンク

■ ドライマウスとは

ドライマウスはなんらかの病気や

ストレス、薬の副作用等により

慢性的に口内で分泌される

唾液の量が減少してしまうことです。

 

ドライマウスになると

何もしていないのに口の中が

パサついたり、唾液が粘着く

食事の時、食べ物が食べにくい

などの症状がでます。

 

放置して重症化すると

強烈な口臭が発生したり

舌のひび割れ、舌苔ができるなど

油断出来ない病気です。

口臭は一体何が原因なのか?意外と知らない2つの原因とは?

(こちらも参考に)

スポンサーリンク

■ ドライマウスの原因

上記に少し書きましたが

ドライマウスには様々な原因が

挙げられます。

 

ただ、基本的にどの原因も

唾液の分泌量の低下が根本的な

原因という共通点があります。

 

  • 薬の副作用が原因

多くの薬の中には唾液の分泌量を

低下させる「口渇」という

副作用があると言われています。

 

特に、アレルギー症状に使われる

抗ヒスタミン剤だったり、花粉症の薬、

鎮痛剤、精神疾患の薬などで

副作用が出ると言われています。

 

内服薬はどうしても飲まなくては

いけないこともあるので

ここは担当の医師と良く相談して

薬の量を減らすか、変更して

上手く対応していきましょう。

 

  • 病気が原因

主に、糖尿病の方が同時に

ドライマウスになりやすいと

言われています。

 

糖尿病の場合、大量の尿がでることで

体内の水分量が低下しやすいため

脱水症状となり、結果的に

ドライマウスに繋がると

言われています。

 

また、シェーグレン症候群という

原因不明の自己免疫疾患も

ドライマウスを引き起こす危険が

あると言われています。

【乾燥の症状が出る!?】シェーグレン症候群とは?その原因は?

 

  • ストレスが原因

人は緊張すると唾液の分泌量が

減ってしまいます。

 

そのため常に緊張状態にあると唾液の

分泌が少なくなり、ドライマウスに

なってしまうことがあります。

 

一時的なストレスなら問題ないですが

日頃からストレスを抱え込んでいる

方は特に気をつけましょう。

 

自分でストレスをコントロールして

適度にリラックスすることも

体全体にとって非常に重要なことです。

 

  • 無意識に行う口呼吸

無意識に口呼吸をしている場合

ドライマウスなる危険が

高くなります。

 

特に、睡眠時に口呼吸をしていると

起床時に口の中がパサパサに

なってしまうことは

私自身経験したことがあります。

(私は歯並びなどの関係からも

どうしても口が開いていました。)

 

歯並びなどの影響もありますが

ドライマウスを少しでも

回避するなら極力鼻呼吸を

心がけましょう。

 

kutitep

寝ている間に口が開くのなら

口テープという口呼吸を防ぐ

グッツもあるのでこちらを

活用するのも効果的ですよ。

 

また、鼻呼吸をトレーニングする

ことでも口呼吸を治すことが

できると言われています。

 

  • 食事の時、物を噛む回数が少ない

いわゆる早食いという癖ですが

これも唾液の分泌量が少なく

なるのでドライマウスになる

危険があります。

 

また、柔らかいものばかり

食べていると唾液腺の周りの

筋肉が衰えてしまい唾液の

分泌量が減ってしまいます。

 

日頃から良く噛む習慣を

身につけてしっかり唾液を

分泌させることが重要です。

 

■ まとめ:原因は多いがしっかり対策すれば治せる

このようにドライマウスになる

原因は、唾液の分泌料が低下した

状態が長続きすることです。

 

病気や薬の副作用が原因の場合は

仕方がない面もありますが

適度な水分を心がけて口内を

乾燥させないようにしましょう。

 

それ以外の原因は日頃から

意識していれば防ぐことが

十分に可能です。

 

ドライマウスが気になる方は

ぜひとも意識を変えて

早めに治して行きましょう。

 

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク