エコノミークラス症候群になりやすい人はこんな人!その6つの特徴

ekonomikurasu

脳梗塞や心停止といった深刻な事態を

引き起こすこともある、

エコノミークラス症候群。

このエコノミークラス症候群にも

なりやすい人となりにくい人が

存在します。

エコノミークラス症候群の根本的な

原因は、血栓が心臓や肺の血管に

詰まることなので、その原因である

血栓が作られやすい人が、そのまま

エコノミークラス症候群に

なりやすい人と言えます。

今回は、そのエコノミークラス症候群に

なりやすい人について具体的に

解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

エコノミークラス症候群になりやすい人とは?

① 生活習慣病を患っている人

seikatusyukan

生活習慣病というのは、糖尿病や

高血圧、肥満体質のことを指し、

生活習慣病の人は、血液の粘度が

高いため、血栓ができやすい傾向に

あります。

日常的に、生活リズムが乱れていたり、

食生活がおろそかになっている人は

特に注意が必要です。

生活習慣病とは何か?

② タバコを吸う人

tabakokituen

タバコを吸う人もエコノミークラス

症候群になりやすいです。

その理由ですが、タバコを吸うと

タバコに含まれるニコチンが血管を

収縮させるため、血流が悪くなり、

血液の循環が遅くなるので、血栓が

できやすい状態となります。

そのため、日常的にタバコを吸う人は

エコノミークラス症候群にも

十分注意しましょう。

スポンサーリンク

③ 高齢者

高齢になると、血液の循環機能が

低下していくため、必然的に

血栓もできやすくなります。

また、高齢者の場合、病気やケガで

入院することも多くなり、長時間

同じ姿勢でいる機会が多くなります。

長時間、同じ姿勢でいることは

エコノミークラス症候群とはまた別の

廃用症候群といったリスクがあるので

高齢の方は特に注意したいです。

廃用症候群とはこういうこと!

④ 背が低い人

sinntyousokutei

背が低い人もエコノミークラス症候群に

なりやすい人と言われています。

背が低いと、膝の内側にある静脈が

座席シートの角の部分にぶつかり

静脈を圧迫て血流が悪くなるので

血栓ができやすくなります。

膝の内側が座席シートの角にぶつかる

場合には、クッションを下に敷いて

高さを調節したり、少し前に出て

角にぶつからないようにしたりと

工夫すると効果的です。

⑤ 40歳以上の女性・出産後の女性

エコノミークラス症候群は

女性に多いという特徴もあります。

特に、40歳以上の女性や出産直後の

女性の方は、そのリスクが高いと

言われています。

女性の場合、トイレを我慢するために

水分補給を避けることが多い傾向に

あるのも、この特徴と関係していると

言われています。

⑥ 避難所や車中で生活している人

taiikukanhina

震災や災害といったやむを得ず

避難所や車中で生活している人

エコノミークラス症候群には

特に気を付ける必要があります。

とりわけ、避難所や車中での生活は

長時間じっとしていることが多く

体を動かす機会が少ないため

血流も滞ってしまいがちです。

また、避難所の場所が学校の

体育館といった所で床が冷たい場合、

体温が低下して、血流が悪くなることも

エコノミークラス症候群を引き起こす

原因に繋がります。

避難所での生活をしている時でも

血栓を防ぐために、定期的に体を

動かすことは非常に重要なのです。

特に、避難所での生活の場合、

万が一の時も適切な処置を受けられない

恐れもあるので、自分の身は

しっかりと守りたいところです。

まとめ:いずれかに当てはまる人は要注意!

このようにエコノミークラス症候群に

なりやすい人は、体質的に血栓が

できやすかったり、身長の関係から

物理的に血流を妨げやすい状況に

なりやすいなど、様々です。

誰であってもエコノミークラス

症候群に注意する必要がありますが、

これら6つのいずれかに当てはまる人は

特に注意しましょう。

エコノミークラス症候群を防ぐ

具体的な対処法についても

解説していますので、そちらも

参考にして頂ければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加