【3つの磨き方】歯科矯正中の正しい歯磨きのやり方とは?

矯正が始まってワイヤーが着くと

ちょっとした食べ物でも

すぐに装置の隙間に挟まって

なかなか歯磨きも大変ですよね。

取り外しができる矯正装置なら

歯を磨くときは装置を外せば

良いのですが、ワイヤー矯正の

場合はそうはいきません。

今回は、このワイヤー矯正の装置を

装着後、毎日の歯磨きのやり方や

コツを解説していきます。

スポンサーリンク

■ 歯を磨く前に

まず、歯を磨く前に装置に

詰まっている食べかすなどを

必ず取り除きましょう。

食べかすが挟まっている状態で

歯を磨いてしまうと綺麗に

歯を磨くことができず

歯ブラシも汚れてしまいます。

何回かうがいをして

食べかすなどはできる限り

洗い流しましょう。

できれば食事が終わってすぐに

うがいをして食べかすを

一掃すると良いです。

うがいで取れない食べかすは

sikanb

このようなL字の歯間ブラシ

使うと取りやすいです。

鏡を見ながら食べかすが

挟まっている部分がないか

探し取り除いていきます。

特に、奥歯に装着している

ワイヤー装置の間に挟まっている

食べかすを取るのに非常に便利な

アイテムなので矯正中の方は

持っていて損しないです。

スポンサーリンク

■ 歯の磨き方

【奥歯も磨けてる?】歯の正しい磨き方とは?

こちらの通常の歯磨きの

やり方でも解説しましたが

歯を磨く際に気をつけたいのは

強い力で歯を磨かないことです。

特に、矯正装置が付いている場合

力を入れて磨いてしまうと

最悪、装置が破損して思わぬ

怪我にも繋がります。

力を入れすぎず小刻みに

歯を磨くようにしましょう。

①歯の表面に対して直角に当てる

hamigaki2 (1)

これは通常の歯磨きと

ほぼ同じですが装置を

傷つけないよう力加減に

気をつけて磨いて行きましょう。

奥歯は特に磨きづらいので

時間をかけて丁寧に。

通常の歯ブラシでは

行き届かない箇所がある場合には

下記のワンタフトブラシで

磨いていきましょう。

②歯の表面に対して斜め45度に当てる

hamikyo

矯正装置はどうしても

正面から磨いただけでは

隙間の歯垢は綺麗に取れません。

画像のように歯ブラシを

斜めに当てて歯を磨いて

隅々まで綺麗にしましょう。

③仕上げに装置の隙間を綺麗にする

hamigaki2 (3)

最後の仕上げに歯間ブラシ

(ワンタフトブラシ)で

歯ブラシが行き届きずらい

装置の隙間や歯茎を

綺麗に磨いていきましょう。

良く見えない箇所は

鏡を見ながら磨くと良いです。

■ まとめ:確かに大変だが非常に重要なこと

このように矯正装置がつくと

歯磨きは非常に面倒で

時間がかかりますが

矯正を予定どうりに進めるには

欠かせない重要なことです。

基本的には食事の後すぐに

食べかすをうがいで

取り除いた後、歯を磨きましょう。

ただ、働いており忙しく

どうしても時間がないときも

あると思いますが、食事後は

最低限食べかすだけでも

取り除いておきたいです。

【朝?それとも夜?】歯磨きをする最も効果的なタイミングとは?

忙しい方でも矯正をしているなら

1日最低2回は歯磨きする

時間を作りたいです。

矯正中も歯磨きを疎かにせず

歯の健康を維持しましょう。

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

アドセンス
関連記事タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加