普段何気なく使っている歯ブラシですが

実は、歯磨きの出来を左右するほど

重要なものであり、どんなに丁寧に

磨いても、歯ブラシが合っていないと

虫歯や歯周病を防ぐことができません。

 

自分にあった歯ブラシを使うことは

虫歯や歯周病予防、歯の健康維持に

関わる非常に重要なことです。

 

今回は、そんな歯ブラシの選び方や

硬さの違い、歯ブラシの正しい

お手入れ方法について書いてきます。

正しい歯ブラシの選び方

■ 毛の硬さの違いと特徴

歯ブラシには大きく分けて

  • かため
  • ふつう
  • やわらかめ

というように歯ブラシの毛の硬さには

違いがあり、それぞれ役割も異なるので

歯の健康状態に応じて上手く使い分ける

必要があります。

 

「かため」:歯の表面の清掃能力に優れる

歯ブラシの毛にある程度の硬さと

張りないと、歯垢を落とせずに

磨き残しが出来てしまいます。

 

「かため」は毛が硬いので歯の表面に

こびりついている汚れをしっかりと

落とすことができる歯ブラシです。

 

清掃能力に優れており、歯の表面の

ぬめりも取り除くことができるため

歯磨き後には爽快感をもたらします

また、毛先が硬いので毛先が

広がりにくく、歯ブラシの寿命が

長いという特徴も持っています。

 

反面、毛先が硬いので歯の表面

(エナメル質)を過剰に削ったり

歯茎を傷つける恐れがあります。

「かため」の歯ブラシを使う際には

歯の磨き方に注意したいです。

 

特に、歯茎が弱い人や知覚過敏の人

「かため」の歯ブラシは使わない方が

良いです。

歯や歯茎を傷つけてしまい、逆に症状が

悪化してしまう恐れがあります。

 

「かため」は、歯茎が健康で虫歯や

歯周病もない人が使うのに適してる

歯ブラシです。

 

また、初めて「かため」の歯ブラシを

使う際には、使用後に出血や歯茎に

異常がないかをチェックして、本当に

自分に合っているかを確かめましょう。

 

「ふつう」:「かため」と「やわらかめ」の中間

ふつうの歯ブラシは、かためと

やわらかめの歯ブラシの中間にある

硬さで、最も一般的な歯ブラシです。

 

基本的に「ふつう」の歯ブラシを

使っていれば問題なく歯の汚れを

落とすことができます。

また、ふつうは最も主流な硬さなので

歯ブラシの種類も非常に豊富です。

 

最初はふつうの歯ブラシを使いつつ

  • 磨き残しが気になる場合には、「かため」
  • 歯茎の痛みが気になる場合には、「やわらかめ」

というよるに使い分けると良いです。

 

「やわらかめ」:歯茎の清掃能力に優れる歯ブラシ

やわらかめの歯ブラシは毛先が

やわらかいので、通常の歯ブラシでは

磨きづらい箇所や歯茎の隙間に溜まった

汚れを落とすのに適しています。

 

とりわけ、歯周病予防に役立つ

歯ブラシです。

歯周病予防や歯茎が腫れて歯磨きが

辛い方、歯肉炎になっている方の

歯磨きに適しています。

 

また、歯茎にやさしい歯ブラシなので

歯茎の弱いお年寄りの方や乳幼児の

歯磨きにも向いています。

 

反面、「やわらかめ」の歯ブラシは

歯の表面にこびりついた歯垢を

落とすという面では「ふつう」の

歯ブラシよりも劣ります。

 

また、毛先が柔らかいので毛先が

痛みやすく、寿命が短いという

デメリットもあります。

 

基本的に、歯茎が正常な状態なら

「ふつう」の歯ブラシを使った方が

良いです。

 

■ 歯ブラシの形や長さはどれが良いか

haburasi2

結論から言えば画像のように

  • 持ち手の形は真っ直ぐで、毛先の切り口も均一の歯ブラシ

が良いです。

 

よく毛先が山型でギザギザしている

歯ブラシもありますが、毛先の形が

平らでないと、毛先が寝てしまったり

力が分散されてしまうため、正しく

歯を磨けないことがあります。

 

歯ブラシの毛の幅も、3列分ぐらいで

形も楕円形になっている歯ブラシが

ちょうど良い大きさです。

 

また、毛先の素材は一般的に

使われている透明なナイロン製

選びましょう。

 

毛に色のついた歯ブラシは色素を

含んでいる分、弾力性が低く歯垢を

落としづらいというデメリットが

あります。

 

歯ブラシの正しい管理方法

歯磨き後の洗い方

歯ブラシで歯を磨いた後は、

水でしっかりと汚れを洗い流します。

毛先部分は指でこすって洗いましょう。

 

水は普通の水道水で問題ありません。

逆に、熱湯で洗ってしまうと歯ブラシの

毛を傷める原因となるので、熱湯では

洗浄しないように注意しましょう。

 

また、洗い流すだけでは落とせない

歯垢や食べかすといった小さな汚れは

つまようじ等を使って取り除きます。

これら小さな汚れを放置していると

細菌が繁殖する原因となるので、

できる限り取り除いておきたいです。

 

洗った後はしっかりと水を切って

乾燥させます。

風通しの良いところで、毛先を

上に向けるようにして置き、

しっかりと毛を乾かしましょう。

 

また、キャップなどに歯ブラシを

収納する時にも、ティッシュ等で

しっかりと水分を拭き取ってから

しまうようにしてください。

 

濡れたまましまってしまうと

雑菌が繁殖する原因となるので

十分注意しましょう。

 

■ 歯ブラシの交換目安は1ヶ月

歯ブラシは毎日使っていくと

毛先が広がっていくだけでなく、

水分を吸収して弾力性も低下するため

歯ブラシ本来の力を発揮できなく

なります。

 

買ったばかりは透明な歯ブラシでも

使っていくうちに水分を吸収して

白く濁ってきます。

 

白く濁った歯ブラシは弾力性が

無くなり、清掃能力が低下するので

毛先が白くなった場合には、

歯ブラシを交換する目安です。

 

1日2~3回程、歯磨きをしている方は

歯ブラシの交換目安は1ヶ月に1本。

長くても3か月に1本を目安に新しい

歯ブラシに変えましょう。

 

また、1ヶ月経たなくても毛先が

広がっていたり、白く濁っていたら

目安に関係なく、その時点で新たな

歯ブラシに変えた方が良いです。

 

劣化した歯ブラシを使い続けると

虫歯や歯周病の原因となるだけでなく

毛先に付着した細菌が繁殖するため

衛生上の観点からも良くないです。

 

まとめ:たかが歯ブラシでも侮れない!

歯ブラシは普段何気なく使っていますが

歯や歯茎の健康に大きく関わっている

重要な要素の1つです。

 

しっかりと自分に合った歯ブラシを

選択し、正しい方法で管理する必要が

あります。

 

歯ブラシを選ぶ際には

  • 基本は「ふつう」の歯ブラシ
  • 歯周病や歯茎が弱い方は「やわらかめ」
  • 毛先が平らに整っている歯ブラシ
  • 透明のナイロン製

の4つの点。

歯ブラシの洗浄・管理方法は

  • 水で洗う(熱湯は使わない)
  • 小さい汚れもしっかり取り除く
  • 洗浄後は十分に乾燥させる

この3点が重要です。

これらポイントを抑えつつ正しく

歯ブラシを使用して虫歯や歯周病を

防ぎましょう。