【3つの原因】歯ぎしりの原因って何?どんな悪影響があるの?

皆さんは普段歯ぎしりをする

ことはないでしょうか。

意識していればそう歯ぎしりは

発生しませんが寝ている時に

歯ぎしりがうるさいと言われ

初めて気づく方も多いのでは。

実はこの何気なく行う歯ぎしりは

放置しておくと体に悪影響を

及ぼすこともあります。

今回は、この歯ぎしりの原因や

その具体的な体への悪影響に

ついて解説していきます。

スポンサーリンク

■ 歯ぎしりの原因

基本的に歯ぎしりは無意識に

行われることが殆どのようです。

特に、寝ている時は

意識しようがないので

どうしても仕方のない面もあります。

しかし、その歯ぎしりをしてしまう

根本的な原因はあります。

①噛み合わせの悪さが原因

歯ぎしりは噛み合わせが悪いことから

発生することがあります。

また、虫歯治療後の詰め物によって

歯の表面の高さが変わる

噛み合わせがずれることがあります。

歯の治療後は噛み合わせが

変わることがあるので

もし治療後に歯ぎしりが

起こるようになったら

医師に相談しましょう。

②ストレスが原因

おそらく多くの方が知っての通り

ストレスが溜まると歯ぎしりが

多くなる傾向になります。

ストレスが溜まると普段は

歯ぎしりをしなくても就寝中に

そのストレスが歯ぎしりとなって

出てくることがあります。

適度にストレスを発散し

過剰なまでにストレスを

溜め込まないようにしましょう。

③その他の症状が原因

就寝中の歯ぎしりは

就寝中の浅い眠りのときに

起こるとも言われています。

特に、睡眠時無呼吸症候群の方、

逆流性食道炎の方は眠りが

浅くなりがちで歯ぎしりが

発生しやすいというデータも

実際に報告させているようです。

このように他の症状が原因で

歯ぎしりが発生していることも

考えられます。

日々あまりストレス溜め込まず

噛み合わせも悪くないのに

歯ぎしりが起こっている場合は

他の症状が原因かもしれません。

■ 歯ぎしりの悪影響

歯ぎしりを長期に渡り放置していると

歯が次第に磨り減っていきます。

また、歯に負担がかかるので

歯が欠けたり割れたりし

噛むと痛みが生じることもあります。

これ以外にも歯茎が弱くなることで

歯周病になりやすくなったり、

顎に過度な負担がかかることによって

顎関節症を引き起こすこともあるため

油断できません。

人によって症状も異なることが多く

頭痛が起こることもあるそうです。

将来、辛い思いをしないためにも

早めに治しておきたいところです。

■ まとめ:無意識に起こる歯ぎしりを治すことが重要

歯ぎしりは普段意識していれば

そこまで起こることはありません。

ただ、就寝中は無意識なので

この時に発生する歯ぎしりは

防ぎようがないと言えます。

噛み合わせが悪いなら歯医者に

相談したり矯正をする。

ストレスが原因ならストレスを

溜め込まないようにして

出来る範囲で対策しましょう。

放置すると将来何らかの

悪影響が出てくるので

できるだけ治せるなら早めに

治すことをオススメします。

簡単に出来る!歯ぎしりの防止方法やその治し方とは?

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

アドセンス
関連記事タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加