【簡単に出来る!】歯ぎしりの防止方法やその治し方とは?

hagisir2

歯が割れたり、顎関節症の

原因にもなる厄介な症状

歯ぎしり。

無意識に発生する歯ぎしりは

どうしても対策が難しいですが

極力歯ぎしりを抑える方法はあります。

今回は、この歯ぎしりの防ぎ方と

歯ぎしりをなくすために

必要な治療方法などについて

解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

【3つの原因】歯ぎしりの原因って何?どんな悪影響があるの?

歯ぎしりの根本的な原因や

悪影響についてはこちらに

まとめておりますので一緒に

参考にして頂ければと思います。

■ 歯ぎしりの防止方法

歯ぎしりの防止方法には

マウスピースが上げられます。

歯医者でマウスピースを

作ってもらい、眠っている間は

マウスピースを付けて

歯ぎしりを防ぎます。

歯ぎしり防止用のマウスピースは

大体5000円前後で作ることができ

比較的安価で歯ぎしり防止の

対策ができます。

噛み合わせが悪いけれど

矯正をする余裕がない場合は

マウスピースを使うと良いでしょう。

あとは、ストレスを溜めないことです。

特に、就寝前にはストレスを

極力減らして睡眠中の無意識に

起こってしまう歯ぎしりを

防ぐことが重要となります。

日常生活の中でストレスを

完全に回避することは

不可能ですがストレスを

解消することはできるはずです。

寝る前にはストレッチや

自分の好きなことをしたりして

できる限りストレスを

発散させておきましょう。

また、アルコールやニコチンが

歯ぎしりの原因になっているとも

言われているので過度な飲酒や

喫煙は控えた方が良いです。

スポンサーリンク

■ 歯ぎしり自体をなくす為には

歯ぎしりは心因性によっても

引き起こされるので歯ぎしり自体を

完全になくすのは難しいですが、

就寝中の無意識に起きてしまう

歯ぎしりを減らすことはできます。

歯並びが悪い場合は

矯正をして歯の噛み合わせを

改善するのが最も効果的な

解決方法だと思います。

マウスピースでもある程度

歯ぎしりを抑えることができますが

長い目で見たら歯科矯正をして

歯並び自体を改善した方が良いです。

矯正は確かに費用がかかりますが

(【最低100万?】歯科矯正にかかる費用はどのくらい?)

歯ぎしりを無くすだけでなく

虫歯予防や睡眠時無呼吸症の改善など

他のメリットも大きいです。

正しい噛み合わせにすることで

結果としては歯ぎしりも

減らすことができますよ。

■ まとめ:完全になくすのは難しいが対策はできる

歯ぎしりは精神的要因も関わって

いるので完全になくすことは

難しいですが、マウスピースの

装着やストレスを極力減らすなど

ある程度は対策することができます。

噛み合わせが原因の場合は

費用や時間はかかりますが

矯正によって治すことを

オススメします。

歯ぎしりを放置していると

後々辛い思いをするので

自分でできるところから

対策して行くと良いでしょう。

以上、参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加