歯磨きの終わりに口をゆすいだら

血が混じっていた!

という経験はありませんか。

 

実際に出血したり、歯ブラシに

血が付いていると怖いですよね。

 

歯茎から血が出る原因として

最も一般的な原因は歯周病と

言われていますがそれ以外にも

原因はあるのでしょうか。

 

今回は、この歯茎から血が出る原因と

その対処法について解説していきます。

■ 歯茎から血が出た時の原因・対処法

■ 歯周病が原因

驚くことに出血の原因の約9割

歯周病だと言われています。

 

出血しているのが分かったら

その出血している部分が

どこなのかを確認しましょう。

 

出血している歯茎が赤く腫れてる

或いは触れると痛い場合は

歯周病の可能性が高いです。

 

■ 歯磨きのやり方や歯ブラシが原因

これは私も実際に経験しましたが

自分の歯に合わない歯ブラシを

使っていたり、かための歯ブラシで

歯茎を強く刺激してしまうと

出血することがあります。

 

特に、力を入れて磨いている方

歯茎に対して乱暴に磨く方は

気を付けた方が良いです。

【奥歯も磨けてる?】歯の正しい磨き方とは?

 

歯茎は毛細血管が沢山あり

非常にデリケートなので

過剰に力を加えるのは危険です。

 

できるだけ軽い力で丁寧に

歯を磨くことが重要となります。

 

■ 虫歯が原因

虫歯が進行している状態だと

歯茎にもばい菌が付着し

炎症を起こすこともあります。

 

実際、虫歯が原因で出血している

場合は虫歯自体もかなり進行している

ことが多く、早めに治療を受けないと

危険な状態とも言えます。

 

虫歯と歯周病は関連性が

強いので虫歯が原因の方は

すぐに病院で治療を受けましょう。

■ 出血した時の対処法

突然大量に出血した場合は

すぐに病院へ行く方が良いですが

唾液に混じる程度の少しの出血なら

歯磨きで治すことができます。

 

出血の原因の大半は歯周病が

原因なので歯周病を治すことで

出血も抑えられます。

 

歯ブラシで丁寧に磨けば歯周病も

治すことができますが

痛いからといって放置していると

そこに歯垢が溜まりさらに

症状を悪化させてしまいます。

 

歯周病は歯茎に歯垢が溜まり

発生するのでそこを綺麗にしない

限り出血も抑えられません。

 

使っている歯ブラシが痛い場合は

やらかめの歯ブラシを使って

歯と歯茎の隙間を磨いていくと良いです。

 

歯磨き粉も歯周病予防向きの

物を使うと尚良いでしょう。

 

多少の痛みはあると思いますが

しっかり汚れを落とすためにも

ある程度痛みは我慢する必要があります。

 

■ まとめ:歯周病か歯磨きのやり方が悪いのが原因

基本的に歯茎からの出血は

この2つが原因と考えられます。

 

普段の歯磨きのやり方が悪いと

歯茎まで綺麗にできないので

自分に合った歯ブラシを使い

正しい磨き方で歯を磨きましょう。

 

しっかり磨けば1週間から2週間程で

出血も収まるかと思います。

 

ただ、出血がなかなか収まらない

あまりに出血の量が多いという方は

歯科病院に行くことをオススメしますね。

以上、参考になれば幸いです。