歯の健康を保つために欠かせない

「歯磨き」

そんな何気ない歯磨きですが

あなたは正しい方法で歯を

磨けているでしょうか。

 

歯は一生ものなので、正しい方法で

歯を磨き、しっかりと歯の健康を

保ちたいところです。

 

今回は、そんな歯磨きのやり方や

注意点について解説していきます。

スポンサーリンク

■ 正しい歯磨きの方法

歯磨きの前に

歯磨きをする前に、今使っている

歯ブラシがちゃんと歯を磨けるか

どうか、歯ブラシの毛先の状態を

確認しましょう。

 

歯ブラシが劣化している

あるいは、毛先がバラバラだと

正しく歯を磨けません。

 

また、「かため」の歯ブラシを

使ってると、歯茎を傷める恐れも

あるので、自分に合った硬さの

歯ブラシを使うことも重要です。

詳細は「歯ブラシの選び方と手入れの方法」にまとめたので、そちらを参考にして頂ければと思います。

 

■ 歯磨きは力を加えすぎない

まず、歯を磨く際に必ず

守りたいことがあり、歯磨きは

力を入れ過ぎず、小さな力で

軽く磨くということです。

 

力を入れて歯を磨いてしまうと

歯の表面のエナメル質を削ってしまい

せっかくの歯磨きが逆効果となる

恐れがあります。

 

また、力を入れすぎると歯茎を

傷つけてしまう恐れもあるので

歯磨きは力を入れすぎず、軽く歯を

磨くようにしましょう。

 

■ 歯ブラシの動かし方

最も理想的な歯磨きは歯を1本1本

丁寧に磨くことです。

 

なんとなく歯ブラシを大きく動かして

一気に歯を磨いてしまいがちですが

そのように大きく動かすと歯ブラシの

毛先が全ての歯に行き届かないことが

あります。

 

特に、一番奥の歯は歯ブラシが

行き届かないことが多く

虫歯や歯周病にもなりやすいです。

 

歯ブラシは小刻みに動かして

ちょっとずつ磨くようにしましょう。

 

磨きづらいところは

  • 歯と歯の間
  • 奥歯
  • 歯茎と歯茎の間

の3箇所です。

 

これらの箇所はしっかりと

歯を磨かないと虫歯や

歯周病の元となる歯垢を

取り除くことができません。

 

できるだけ1つの歯ごとに、

丁寧に磨いていきましょう。

 

■ 歯の磨き方実践編

hamigak

基本的には前歯は歯ブラシを

縦にして磨き奥歯は歯ブラシを

横にして磨いていきましょう。

 

hamigaki1

前歯の歯並びがデコボコしている

様であれば、上手く毛先の角度を

変えて磨くと良いです。

 

hamigaki5

歯の裏側は歯ブラシのかかと部分を

活用して磨きましょう。

 

hamigaki2

奥歯は他の歯に比べて磨きづらい

位置にあると思うので、

その際は歯ブラシを斜めに入れると

磨きやすいでしょう。

 

親知らずが生えている方は

特に磨きづらいと思うので

時間をかけて磨くと良いです。

 

haburasi4

どうしても通常の歯ブラシでは

行き届かない箇所がある場合は

L字型の歯ブラシ(ワンタフトブラシ)

使うと奥歯もしっかり磨けます。

 

hamigaki3

歯茎と歯の間を磨くときは

図のように歯ブラシを

斜めに傾けて磨くと効果的です。

 

ただ、力を入れ過ぎると歯茎が

傷ついて出血する恐れがあります。

力加減には十分気をつけましょう。

 

■ まとめ:歯磨きは時間をかけて丁寧に!

歯磨きは毎日行うことなので

時には面倒だと思ってしまう

こともあると思います。

 

しかし、歯は一生ものであり、

生きていく上では欠かせないため

面倒だと思わずに、丁寧に歯を磨き

歯の健康を保ちましょう。

 

特に、夜寝る前の歯磨きは非常に

重要なので、最低限この時だけでも

しっかりと歯を磨くことを

オススメします。

 

歯磨きのタイミングに関しては

歯磨きをする最も効果的なタイミングとは」にまとめたので、そちらも参考して頂ければと思います。

 

以上、参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク