歯磨きは人によっては朝にする人

夜寝る前に磨く人など

歯を磨くタイミングはバラバラです。

 

ただ、多くの人は朝か夜に

歯を磨いていることが多いでしょう。

(もちろん朝、夜の両方磨く方も

昼に歯を磨く方も居られると思います。)

 

今回は、朝に歯を磨くのと

夜に歯を磨くのでは違いがあるのか、

その歯磨きのタイミング(時間帯)

について紹介していきます。

スポンサーリンク

■ 歯磨きのタイミング

■ 朝に歯を磨くメリット

朝、起床直後の口の中は

1日の中でも最も細菌が多く

歯にとって悪い環境となっています。

 

こうなる理由は、就寝中に

唾液の分泌量が減少するために

口の中の細菌を取り除く力が

弱くなっているからです。

 

朝に歯を磨くことで

就寝中増殖した細菌を

減らすことができるのです。

 

朝食の前か、後に磨くかも

割と悩んでしまいますが

朝食を食べる前はうがいをして

一旦口の中の細菌を洗い流し、

朝食後に歯を磨くのが良いそうです。

 

流石に朝食前と後に2回磨くのは

忙しい朝には大変ですよね。

 

スポンサーリンク

■ 昼に歯を磨くメリット

昼に歯を磨くことは

歯の健康を保つためだけでなく

気持ちを入れ替えるという

気分転換の効果もあります。

 

また、昼食後に歯を磨くことで

口臭を抑えることができ

口の中がスッキリします。

 

朝と夜に比べるとあまり重要でないと

思われがちですが、実際、歯を磨く

回数は多いほど良いので

(もちろん磨き過ぎも良くないですが)

時間のある方は昼も歯を磨くことを

オススメします。

 

■ 夜に歯を磨くメリット

上記にも書きましたが

就寝中は唾液の分泌が減り

細菌が増殖するスピードが

早くなります。

 

この就寝前に、しっかりと歯を

磨いておくことで、この細菌の

増殖を最小限に抑えることができます。

 

そのため、夜の歯磨きは

歯の健康を保つために

最も重要な歯磨きと言えます。

 

また、増殖する細菌を減らすためにも

夜はできるだけ歯磨き粉も使って

時間をかけ丁寧に磨くと良いです。

 

また、夜の歯磨きが終わったら

それ以降は食事は控えましょう。

(また、磨くのは面倒ですから・・・。)

 

ちなみに、夕食後に歯を磨いておくことで

「また歯を磨かなくてはいけないという」

夜食への抑止力の効果も期待できます。

 

■ まとめ:朝と夜寝る前だけでも最低限歯を磨こう!

このように、歯磨きの時間帯によって

歯磨きの目的や効果は変わってきます。

 

中でも朝と夜寝る前の歯磨きは

非常に重要なので、忙しい方でも

最低限この歯磨きはすることを

強くオススメします。

 

もちろん食事後にこまめに磨くのも

決して悪いことではないので

余裕のある時には歯を磨いて

細菌を減らしましょう。

こちらの「食後の歯磨きは30分経ってからが良いの?」も参考して頂ければと思います。

以上、参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク