皆さんは、歯磨きの時に

歯磨き粉を使っているでしょうか。

 

普段から何気なく使っている

歯磨き粉ですがそこには

歯を健康を維持するための

様々な成分が含まれています。

 

また、歯磨き粉を使うと

歯が削れるという噂も聞きますが

それは本当なのでしょうか。

 

今回は、この歯磨き粉の

メリット・デメリットについて

解説していきます。

■ 歯磨き粉を使うメリット

■ 歯の汚れをしっかり取ることができる

歯磨き粉には研磨剤が含まれて

いるため、歯垢や歯の汚れも

しっかり取ることができます。

 

また、歯垢の再付着を防ぐ効果も

あるので虫歯や歯周病予防にも

効果を発揮します。

 

ただ、正しい歯磨きのやり方で

歯を磨くことが一番重要なので

歯磨きの正しいやり方は

必ず理解しておきましょう。

【奥歯も磨けてる?】歯の正しい磨き方とは?

 

■ 歯を強くする

歯磨き粉にはフッ素が含まれており

フッ素には歯の表面を強くする

効果があります。

 

【虫歯予防に役立つ】フッ素と何か?歯に与える良い効果とは?

歯磨き粉を使わなくても

歯垢は取れますが歯を強くする

ことはできません。

 

歯磨き粉を使うことで

虫歯や歯周病になりにくい

歯にすることができるのです。

 

■ 口臭対策

口臭の原因の殆どは口の中の

汚れや虫歯、歯周病です。

 

歯磨き粉を使って歯を磨くことで

効率よく歯垢を取り除きつつ

歯磨き粉に含まれる香料のおかげで

口臭を予防することにも繋がります。

 

歯磨き粉の種類のよっても

香料や爽快感が違うので

ここは自分の好みに合わせて

選択すると良いでしょう。

 

口臭対策と同時に爽快感による

気分転換も期待できるのも

メリットですね。

 

■ 歯を白くできる

歯磨き粉の中には研磨剤だけでなく

歯を白くするホワイトニングの

効果も期待できます。

 

通常の歯磨き粉では黄ばみ等の着色を

落とせませんが、ホワイトニングの

歯磨き粉を使うことでしっかり着色を

落とすことができ、継続することで

次第に歯を白くすることができます。

【自宅でもできる!?】歯の黄ばみを落とす3つの方法とは?

 

完全に真っ白にする訳では

ないですが、タバコやコーヒーに

よるステインを落とすのには

十分効果を発揮してくれます。

■ 歯磨き粉のデメリット

■ フッ素は危険?

よくフッ素を摂取しすぎると

腹痛や頭痛、脳にへのダメージなど

いろんな症状が出るのではと

噂されていますよね。

 

【歯にフッ素は危険?】フッ素の危険性と正しい使い方とは?

しかし、フッ素を日常的な

生活の中で過剰摂取することは

滅多にありません。

 

基本的な用法用量をきちんと

守っていれば副作用が

出る心配は殆どないでしょう。

 

ましてや市販の歯磨き粉の大半に

フッ素が含まれているので

逆に全くフッ素を使わないと言ったら

歯磨き粉を使わないということに

なってしまいます。

 

歯磨き粉の一回の使用量

(歯ブラシに3分の1程度の量)を

しっかり守ることができれば

そこまで心配する必要はないです。

 

■ 有害物質が含まれている?

これもよく言われている

ことですが、歯磨き粉の中には

ラウリル硫酸ナトリウムという

物質が含まれてることがあります。

 

この物質には歯の汚れを落とす

効果があります。

 

しかし、ラウリル硫酸ナトリウムには

強い毒性があることも知られています。

 

ラウリル硫酸ナトリウムは

口内の粘膜から血液に吸収され

目の裏に溜まったりするため

緑内障の原因にもなると

言われているそうです。

 

また、味付きの歯磨き粉にも

発癌作用の物質が含まれている

そうです。

 

ただ、実際に明確な根拠があるという

訳でもないため、歯磨き粉を

使うか使わないかは個人の判断に

任せるとしか言いようがありません。

 

個人的には用法用量を守っていれば

特に気にすることではない

思います。

 

■ まとめ:適切に歯磨き粉を使って歯を綺麗に

このように歯磨き粉には歯にとって

メリットとなる成分が多く含まれています。

 

確かに危険性も指摘されていますが

歯磨き粉の注意書き等の説明をよく読み

一回の使用量をきっちり守っていれば

そこまで心配する必要はありません。

何事も使い過ぎは良くなく、正しい方法で

使用することが重要です。

 

歯磨き粉の特性をしっかりと

理解した上で歯の健康維持に

役立てていきましょう。

参考:【研磨剤なし!】オススメのホワイトニング歯磨き粉はこれ!