【すぐに鼻血を止めたい!】突然の鼻血の応急処置はこれだ!

「突然鼻血が出てしまった!!」

誰もが、そんな経験をしたことは

あるかと思います。

今回は、とにかく正しい方法で

すぐに鼻血を止める方法について

解説していきます。

スポンサーリンク

突然の鼻血の対処法

まずは、椅子などに座り

軽くうつむいた状態を維持して

安静にしましょう。

血が流れ出てきますがティッシュで

軽く押さえていれば大丈夫です。

(鼻で息ができなくなるので

口でゆっくり呼吸しましょう。)

鼻血が出ると、どうしても

上を向いて血がたれてくるのを

抑えようとしますが、これは逆に

喉や口内に血が流れ込んでしまい

気持ち悪くなる危険があります。

hanaosae

また、画像のように鼻の先端の

ふくらんでいる部分を強くつまんで

止血するのも効果的です。

これは鼻血の多くは、鼻の入り口から

1cm程のとこから出血していることが

多いため、そこを圧迫することで

出血を抑えられます。

その部分は毛細血管が密集している

部分なので、ちょっとした刺激で

出血することがあります。

鼻血の原因の多くはその粘膜が

傷つくことが原因です。

また、なかなか出血が

止まらない場合には鼻の部分を

冷たいタオル等で冷やすことも

試してみましょう。

これらの応急処置を行えば鼻血は

個人差こそありますが基本的に

30分から長くても1時間以内

治まることがほとんどです。

ただし、鼻血を引き起こしている

原因によっては、なかなか止まらない

こともあるので、出血の量が異常に多く

長時間鼻血が出るといった場合には

早めに耳鼻科へ行った方が良いです。

また、出血がある程度

落ちついた後も、やたらに鼻を

いじることは避け、できる限り

安静にしてましょう。

激しい運動などを行うと

血圧が上昇して、せっかく止めた

鼻血が再び出る恐れもあります。

ちなみに、ティッシュを丸めて

鼻奥に詰め込むのは逆効果です。

鼻の粘膜を余計に傷つけてしまう

恐れがあるために、できる限り

ティッシュは詰めない方が良いです。

また、昔から首の後ろを叩くと

出血が止まるいった噂もありますが

これもかえって、鼻を刺激して

鼻血を悪化させる恐れがあるので

やらないようにしましょう。

まとめ:慌てずに落ち着いた対処を

誰でも血が出るということは

不安になり、慌ててしまいますが

鼻血の場合は、無理に止めずに

止まるまで安静にしていることが

重要です。

やたらに弄ると余計に出血したり

血が止まりづらくなるので

出血が気になる気持ちは

分かりますが、ぐっと我慢して

安静にしましょう。

ただ、適切に対処しても

出血の量があまりにも多かったり

30分以上も鼻血が出続けるといった

場合には、一度病院(主に耳鼻科)へ

受診することをオススメします。

少しでも参考になれば幸いです。

【大人の鼻血は危険なの?】突然鼻血が出る3つの原因とは?

スポンサーリンク

アドセンス
関連記事タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加