【4つの食べ物】鼻血予防にオススメの食べ物はこれだ!

syokji

出てくると何かと不安になる鼻血。

できる限り抑えたいものですよね。

鼻をいじらないことも重要ですが

実は日常の食生活のなかでも

鼻血を予防できる食品があります。

今回は、そんな鼻血予防に効果的な

食品について解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

鼻血予防にオススメの食品

まず、鼻血を予防するには

毛細血管を強化すること

非常に重要になります。

鼻の粘膜には毛細血管が

密集しており、外部からの

影響も受けやすい部分です。

バランスの良い食事が

重要なのはもちろんですが

毛細血管を強くするため

特に重要になるのは

  • ビタミンB2
  • ビタミンK
  • タンパク質
  • フラボノイド
  • タンニン

の5つの栄養素です。

これらの栄養素は単純に血管を

強くするだけでなく、血液の凝固を

助けたり、血管や組織を

収縮させることよって

止血を早める効果もあります。

① 大豆・肉類・卵

これらの食品にはタンパク質が

多く含まれているので

鼻血予防にオススメです。

調理方法などの摂取方法は

特に関係なく、どのように

食べても問題ないそうです。

ただ、タンパク質は高カロリーなので

過剰摂取は、体重の増加、肝臓や

腎臓への過負荷といった悪影響を

及ぼすので気をつけましょう。

② お茶類(特に緑茶)

お茶にはフラボノイド

多く含まれており、血管を

丈夫にする作用があります。

フラボノイドは植物系の

食品に含まれている成分で

お茶なら、烏龍茶や緑茶、麦茶、

紅茶など、ほとんどのお茶に

この成分は含まれています。

自分の飲みやすいものを選ぶのも

良いですが、とりわけ緑茶は

タンニンも多く含んでいるので

オススメです!

③ レバーまたはサバなどの魚介類

これらの食品にはビタミンB2が

多く含まれています。

ビタミンB2は鼻や目、口内などの

体内の粘膜を強化する働きがあり

鼻血予防だけでなく、肌荒れや

口内炎予防などにも効果があります。

魚介類の多くがビタミンB2を

含んでいますが、最も多く

含んでいるのはレバーです。

ビタミンB2は過剰に摂取しても

体内に蓄積されない栄養素なので

暴飲暴食しない限り、過剰摂取の

心配はありません。

毎日、積極的に摂取するのが

オススメですね。

④ 柿とワイン

柿とワインには緑茶と同じく

タンニンが多く含まれています。

タンニンは口にすると独特な

強い渋味を感じるのが特徴です。

抗酸化力が強く、鼻血予防以外にも

下痢を防いだり、生活習慣病を

予防する効果もあります。

ちなみに、独特の渋みを持つので

渋柿のようなタンニンが

多すぎるものは、逆に食用に

向かなくなる特性を持ちます。

通常の柿ならほどほどに

タンニンは含まれているので

鼻血予防には役に立ちます。

ただ、ワインはアルコールなので

過剰摂取すると血圧が上昇します。

無理に飲むと逆に鼻血が

出やすくなるので要注意です

+α 納豆やヨーグルトなどの発酵食品

これら発酵食品はビタミンKが

多く含まれているだけでなく

乳酸菌が腸内の環境を整えることで

食べ物に含まれる栄養の吸収を

助ける働きもあります。

他の食品と一緒に摂取することで

真価を発揮できる食品なので

ぜひとも一緒に摂取することを

オススメします!

まとめ:適度に摂取して鼻血予防を

これらの食品は鼻血の根本的な

原因である、粘膜の損傷を防ぐのに

役立ちます。

もちろん、食べ過ぎはダメですが

日常的に鼻血が出やすい体質の方は

食生活の中に取り入れてみては

どうでしょうか。

鼻血を引き起こす食品とは?

逆に、鼻血が出やすくなってしまう

食品もあるので、こちらも合わせて

参考にして頂ければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加