皆さんは歯に悪い影響を与える

食べ物を知っているでしょうか。

 

おそらくすぐに浮かんでくる物は

いくつかあると思います。

 

ただ、普段から歯に悪影響を与える

食べ物や飲み物を頻繁に摂取していると

虫歯になる危険が高まります。

 

また、虫歯以外にも

悪影響を及ぼすものはあります。

 

今回は、そんな歯に良くない物に

ついて解説していきます。

スポンサーリンク

■ 歯に良くない食べ物&飲み物

■ 糖分を多く含むもの

hotokeiki

歯に良くないものとして

すぐに出てくるであろう物。

 

代表例はスナック菓子や白ワイン

糖分の多いジュール類です。

 

なぜ、甘い物がいけないのか

その理由としては糖分は

歯を溶かす酸に変化しやすい

という特徴があるからです。

 

糖分そのものが歯を溶かす

訳ではなく口内にいる細菌が

糖分を摂取、分解することで

酸を放出します。

 

そのため糖分を多く含むものを

食べた後は非常に虫歯に

なりやすい状態となります。

 

長時間口の中に糖分を含んでいると

歯に悪影響を与えてしまうので

甘い飲み物などは歯にとってみれば

ちびちび飲むよりも一気に

飲んでしまった方が良いとも言えます。

 

ただ、実際にそれを行うのは難しいので

甘いものを飲み食いした後は

最低限口をゆすぐと良いでしょう。

 

■ 酸の強いもの

saida

こちらの代表例としては

オレンジやレモンなどの柑橘類

ビールなどの炭酸飲料が

挙げられます。

 

酸の強いものを長時間

口の中に含んでいるのは

歯にとっては良くないです。

 

特に、レモンスカッシュなどの

甘くて、尚且つ酸が強いとなると

歯にはかなりのダメージとなります。

 

酸の強いものを摂取したときは

うがいをして口の中の

酸を少しでも中和しましょう。

 

■ 歯にくっつきやすいもの

kyandeli

上記2つと関係していますが

歯に付着しやすい物は

結果として長時間口の中に

留まることが多いです。

 

特に、ドライフルーツや

キャラメル、キャンディなどは

歯にくっつきやすく尚且つ糖分も

非常に多いので歯にとってみれば

天敵とも言える物です。

 

特に、矯正中の方はこれらの

物は食べない方が良いです。

虫歯などの問題以外にも

装置が外れる恐れもあります。

【食べちゃダメよ】歯科矯正中は控えたい3つの食べ物とは?

 

また、ただ甘いだけのガム

糖分が長時間口の中に留まる

ことになるので気をつけましょう。

 

他にも、甘いコーヒは糖分だけでなく

色素沈着の原因にもなります。

 

これらを口の中に含んだ後は

歯磨きを入念に行いしっかりと

糖分を洗い落とすことが

重要になります。

 

■ 硬すぎる食べ物

senbei

これは糖分とかの問題ではなく

物理的な面で歯に悪影響を

与える恐れがあります。

 

硬いせんべいや氷をガリガリ

やたらに噛み砕くと歯が割れたり

詰め物の破損なども有り得ます。

 

硬いものは予め割っておき

小さくして食べましょう。

 

■ まとめ:これらを飲み食いした後は歯磨きを

これらの物は歯にとっては

非常に厄介な物ですが

食べた後しっかり歯を磨けば

基本的には問題はないです。

 

ただ、歯の健康のためなら

これらの食べ物、飲み物は

できるだけ控える方が良いです。

 

お菓子やジュース等を

飲み食いするなという訳では

ないですが過剰に食べるのは

確実に歯に悪影響をもたらします。

 

もし、これらの物を

飲み食いしてしまった際は

できるだけすぐに歯を磨くか

最低限うがいだけでもして

酸が放出されるのを防ぎましょう。

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク