歯の健康を保つためには

歯磨きが最も重要ですが

しっかりと食事をとり体全体の

免疫力を高めることも重要です。

 

歯に悪影響を与える食品は

大体見当がつきますが

逆に歯に良い影響をもたらす

食品については知らない方が

多いのではないでしょうか。

 

適切な歯磨きに加えて

歯の免疫力も高めれば

虫歯や歯周病になる確率もぐんと

低下することでしょう。

 

今回は、その歯にとって良い

食べ物はどのような物なのか

解説していきます。

スポンサーリンク

■ カルシウムやビタミンDを多く含む食べ物

sakana

カルシウムが歯に良いということは

皆さん既にご存知かと思います。

 

カルシウムは骨や歯の構成に

重要な役割りを持ち、歯の健康を

維持するには非常に重要な栄養素です。

 

カルシウムが多く含まれているのは

  • 乳類(特にチーズと牛乳)
  • 魚介類(特に乾燥させた物)
  • ひじき
  • パセリなどの緑黄色野菜

が代表例でしょう。

 

しかし、いくらカルシウムを

多く含むものを食べても体内に

吸収されなくては意味がありません。

 

カルシウムはそのままだと

体内に吸収されにくい栄養素であり

吸収率を高めるためには別の栄養素と

一緒に摂取する必要があります。

 

このカルシウムの吸収を助ける

働きをするのがビタミンDです。

 

ビタミンDを多く含む物は

  • 青魚(特にいわしやさんま)
  • きのこ類

が代表例ですね。

 

これらの食品と一緒に摂取して

カルシウムをしっかり摂取しましょう。

 

ちなみに、食事以外にも

紫外線を浴びることで体内で

ビタミンDを作ることができます。

(これには驚きましたね。笑)

 

諸説あるようですが

1日中、日に当たる必要は無く

ほんの数分でも効果があると

言われています。

 

普段、ビタミンDが不足していると

思う方は適度に日光にも

当たると良いでしょう。

 

だからといってビタミンDを

作り出すためだけに長時間紫外線を

浴び続けるのは良くないので

あくまでもほどほどに。

(特に夏は暑くて危険なので)

 

スポンサーリンク

■ 繊維質の食べ物

gobou

この繊維質の食べ物は

噛むと歯に付いている汚れを

取り除くことができます。

 

ただ、歯磨きしなくても良い

という訳ではないので

そこは勘違いしないように。

 

繊維質の食べ物としては

  • ごぼう
  • ブロッコリー
  • ゴマ

が代表的ですね。

 

しっかり噛んで食べることも

繊維質で汚れを落とすためには

重要なので早食いの方は

特に意識して噛むとよいでしょう。

 

■ りんごやパパイヤ

ringo

りんごにはりんご酸と呼ばれる

酸が含まれています。

 

このりんご酸は歯の黄ばみや

色素沈着を落とす効果があり

歯をきれいにしてくれます。

 

さらには、汚れを落とすだけでなく

殺菌・抗炎症作用もあり

口臭対策にも繋がります。

 

また、パパイヤもりんごと似て

歯を綺麗にする「パパイン

という酵素が含まれているので

こちらもオススメです。

 

歯を綺麗にしたいのなら

りんごやパパイヤも

積極的に食べると良いでしょう。

 

■ まとめ:身近な食材でも歯に良い物は沢山ある!

このように歯に良い食べ物は

どれも身近にある食材ばかりです。

 

また、歯の健康を維持しするために

これらの食べ物を食べれば

結果として体全体にも良い影響を

与えることにも繋がります。

 

もちろん食事に気を使うだけでなく

食後の歯磨きも正しく行うことで

初めて高い効果を得られるので

歯磨きも忘れないように。

 

【30分後が良いの?】食後の歯磨きをするタイミングとは?

食後の歯磨きのタイミングも

合わせて参考すると良いですよ!

 

歯の健康を維持するためにも

これらの食品(栄養素)をしっかり

摂取することをオススメします!

 

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク