【過度な負担が原因?】歯が折れたり割れたりする原因とは?

bibi

歯は骨と同じく折れたり

割れたりすることがあります。

ただ、普通に健康な状態の歯なら

余程外的な要因(歯をぶつけるなど)が

ない限り、本来歯が折れることは

殆どありません。

健康な状態で、これといった

外的な影響もないのに歯が折れた、

割れた場合には外的要因以外に

別の原因が考えられます。

歯の表面の部分が割れるだけでなく

放置すれば歯根破折という歯茎の中の

歯根が割れてしまうこともある

非常に恐ろしいことです。

今回は、歯が折れたり、割れてしまう

原因について解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

■ 歯が折れる(割れる)原因

歯が割れる原因には

外傷を除くと

  • 神経がない歯であった
  • 虫歯や歯周病になっていた
  • 噛み合わせが悪かった
  • ブリッジ等の入れ歯があった

などが挙げられます。

神経がない歯についてですが

神経を抜いた歯には血液や

栄養が行き届かなくなるので

通常の歯に比べて耐久性が

低く脆いです。

歯の神経を抜くとどうなるのか?そのメリット・デメリットは?

虫歯や歯周病についても

関連しており、病気が進行していたので

治療の際に神経を取らざるを

得なかったなどということも

あるでしょう。

一旦神経を抜いていしまうと

元には戻らないので極力虫歯や

歯周病にならないようにすること

以外に対処法はないです。

【奥歯も磨けてる?】歯の正しい磨き方とは?

こちらも参考になると思います。

また、奥歯は噛む時の負担が

非常に大きいので奥歯の

神経が既にないという方は

強く噛まないようにしましょう。

スポンサーリンク

次に噛み合わせについてですが

歯並びが悪かったりすると

噛んだときに力が一部分の歯に

集中してしまうことがあります。

特に、親知らずが傾いていたり

横になっている場合は前の歯に

元から負担がかかっている

場合もありさらに負担となります。

噛み合わせが悪く一部分の

歯に力が集中しすぎると

やがて歯は耐え切れずに

割れてしまいます。

これは他の歯に悪影響を

与える前に親知らずを抜いたり

矯正で正しい噛み合わせに

整えることが対策となります。

最後にブリッジなどの入れ歯に

ついてですが、ブリッジや入れ歯は

支えとなる歯に負担がかかり

割れてしまうことがあります。

奥歯に入れ歯があったり

1つのブリッジが長いと

支える歯への負担も大きくなります。

対策としてはインプラントが

最も効果的と言われているようですが

インプラントも費用が高く

金銭的に何本もインプラントに

するのは厳しいです。

歯科のインプラントって一体何?そのメリット・デメリットとは?

ただ、歯の本数が減れば減るほど

残りの歯への負担が大きくなるので

インプラントで少しでも

しっかりとした歯を作っておきたいです。

■ まとめ:歯への過剰な負担が最も大きな原因

歯が割れてしまう最も

大きな原因は歯に負担が

かかり過ぎてしまうことです。

神経ない歯でも無理に強く

噛まなければそうそう割れることは

ないと思います。

歯ぎしりで歯を食いしばったり

するのも歯に大きな負担と

なるので控えましょう。

根本的にはしっかりと歯を磨き

神経を抜かれることのないよう

まず歯の健康を維持すること。

そして歯並びについても

できるだけ治していくことが

効果的な対策だと思います。

歯が割れてしまうと最悪抜歯という

こともありえるので、しっかり

歯の健康を維持していきましょう。

以上、参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加