ヘルペスウイルスは免疫機能が

未熟な赤ちゃんや子供に感染すると、

合併症を引き起こす危険があります。

 

特に、ヘルペスウイルスの感染力は

強いので、日常のちょっとしたことでも

ウイルスが移る危険があるので

気を付けるべきことは多いです。

 

今回は、ヘルペスウイルスから

子供や赤ちゃんを守る方法について

解説していきます。

ヘルペス感染を防ぐためには

ヘルペスを接触感染を防ぐために

最も重要なことは、接触感染を

避けることです。

 

ヘルペスは空気感染せず、接触感染が

主な感染経路となっています。

 

そのため、ヘルペスウイルスが

付着している物から、赤ちゃんや

子供を守ることが重要となります。

 

主な感染経路とその対策

口移しやキスによる直接感染

赤ちゃんの食事の際に、先に大人が

食べ物を柔らかくした後に口移しで

赤ちゃんに移す行為は、ウイルスを

移してしまう危険が高いです。

 

また、大人と同じ食器やスプーンを

使い回して使うことでもウイルスが

移る危険があります。

 

一昔前までは、口移しで赤ちゃんに

食べ物を移すことはごく一般的な

行為でしたが、最近の医学研究では

これは控えるべき行為となりました。

 

口移しは避け、食器も使い回しを避け、

赤ちゃん専用の物を用意するといった

対処が必要となります。

 

特に、唾液や粘膜が直接接触しやすい

これらの行為は、ヘルペス以外にも

虫歯菌やピロリ菌等も移してしまう

危険があるので、口移しで食べ物を

与えないように注意したいです。

感染者が使用したタオルや食器など

ヘルペスウイルスが付着したタオルや

食器が、赤ちゃんや子供の皮膚に

接触してしまうことでも、ウイルスが

移ってしまう可能性があります。

 

特に、ヘルペスウイルスは感染力が

強いので、直接ウイルスが移ることを

除いても、物を介して間接的に

移ってしまう危険もあります。

 

洗面所等で同じコップやタオル等を

使い回す行為は、間接的な感染の

代表例と言えます。

 

ヘルペスの症状が出ている人が

家族の中にいる場合には、その人が

使ったものを使い回さないように

注意しましょう。

 

感染者本人の対策

ヘルペスの症状が出ている患部には

沢山のヘルペスウイルスがあるため、

感染している人は、極力ウイルスを

拡散させないように予防することも

重要です。

 

口にヘルペスができている場合には

マスクを着用したり、患部に直接

接触しないようにバンドエイドを

付けるなどして感染拡大を防ぎましょう。

 

また、早くにヘルペスを治療できるほど

感染拡大も防げるので、ヘルペスを

治すことも大事な予防法です。

参考:ヘルペスの正しい治療方法はこれ!

 

まとめ:接触する時が一番感染しやすいので注意

このようにヘルペスウイルスが

移る原因は、口移しやキスによる

接触感染か、物を介して間接的に

移ることのどちらかです。

 

ヘルペスウイルスは感染力の強い

ウイルスなので、ヘルペスの症状が

出ている人が家族内にいる場合には

特に注意が必要です。

 

ヘルペスウイルスから赤ちゃんや

子供を守るためにも口移しを避けたり、

使っている物についても同じものを

避けるなどして対策しましょう。

 

また、もし赤ちゃんにヘルペスの

症状が出た場合には、早めに皮膚科を

受診しましょう。特に、小さい子が

発症した場合、重症化することも

あるので、早めの対処が重要です。