皮膚に大きなやけどを

負ってしまった時などに

使われる皮膚移植手術

 

皮膚移植というと物凄く最先端な

感じがしますが、どのようにして

皮膚を移植するのかは、実際に

治療を受けた人でないと

分からないですよね。

 

今回は、そんな皮膚移植(植皮)の

仕組みについて解説していきます。

スポンサーリンク

■ 植皮とは?

植皮は自分の体の他の部分から

移植元となる皮膚を採取して

やけど等、皮膚が損傷している

箇所に移植することで皮膚の治療を

目的とする治療方法です。

 

基本的に移植する皮膚は自分の

皮膚が殆どですが、全身やけどなど

免疫力が低下している場合や

移植する皮膚が足りない場合は

家族などの他人の皮膚を使うことも

あるそうです。

 

この植皮には

  • 分層植皮
  • 全層植皮

の2種類があります。

 

皮膚は、表面から順番に

表皮、真皮、皮下組織という

構成になっています。

 

分層植皮は、この上層部の

表皮と真皮の一部を含んだ

移植です。

 

一方の全層植皮は、表皮と真皮の

全てを含んだ移植です。

スポンサーリンク

■ 分層植皮の特徴

分層植皮の場合は、主にやけどなどの

皮膚の損傷範囲が広い場合

用いられることが多い方法です。

 

採取する皮膚は薄いので全身の

ほぼどこからでも採取ができるのが

特徴で、移植後の生着(治り)も

比較的早いです。

 

そのため、時間との戦いでもある

救命にもよく使われます。

 

皮膚が治るのは早いですが

術後に皮膚が収縮してしまうことが

デメリットとしてあります。

 

特に、顔面や関節部分など

皮膚が頻繁に伸縮する場所への

移植は適していません。

 

また、移植した部分の跡が

目立ってしまうことも多く

整容の観点から見ると

大きなデメリットと言えます。

 

■ 全層植皮の特徴

全層植皮は採取する皮膚が

厚いので採取できる部分は

限られており、また広範囲への

移植には適していません。

 

皮膚が厚いので生着するのにも

時間がかかってしまいます。

 

しかし、術後の皮膚の収縮も

少なく、整容性も分層移植よりも

傷跡が目立ちにくいのが特徴です。

 

また、術後の色素沈着等の

変色の心配も少ないです。

 

■ 手術の方法

まず、損傷している部分の

止血と洗浄を行います。

 

分層植皮の場合はダーマトームという

カミソリのような医療器具で

全層植皮の場合はメスで

皮膚を採取します。

 

分皮植皮の場合は薄くした皮膚を

損傷部分に貼り付けます。

 

全層植皮の場合は傷口と移植した

皮膚を縫合して固定させます。

 

皮膚がしっかり生着するには

移植した皮膚が密着していて

ずれないことが非常に重要になるので

移植した場所によってはギブスなどで

安静に保つこともあります。

 

皮膚が完全に元の状態に戻るのには

皮膚の損傷具合など個人差は

ありますがおおよそ半年から1年

言われています。

 

■ まとめ

皮膚移植には分層と全層の

2種類がありますが、皮膚の損傷程度や

損傷範囲によっても行われる治療法も

変わってきます。

 

どちらも長所と短所があるので

もし皮膚移植を受けることになったら

術後はどうなるのか医師の説明は

しっかり聞いておきましょう。

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク