肥満が身体にもたらす悪影響はこう!病気のリスクが増大!

himankaradaakueikyou (1)

最近では食生活が多様化したために

偏食も増え、日本人でも肥満傾向の

人が増えてきています。

肥満は体に良くない、病気を引き起こす

原因というイメージは誰もが持っている

ことと思いますが、具体的にどのような

悪影響をもたらすのか、そこまで

しっかりと把握している人は少ないかと

思います。

今回は、その中でも肥満が体の

どのような部分に悪影響をもたらすのか

肥満がもたらす病気や悪影響について

解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

肥満がもたらす悪影響はこれ!

生活習慣病を引き起こす

糖尿病がもたらす病気としてはまず

糖尿病、高血圧、脂質異常症といった

生活習慣病が関係しています。

これら3つの病気は毛細血管に負担を

与えるために、血管がもろくなりやすく

症状が悪化すると動脈硬化を引き起こし

最終的には脳卒中や心筋梗塞といった

重大な病気に繋がる危険があります。

瘦せている人に比べて糖尿病の

発症リスクは約16倍、高血圧も約4倍

高くなると言われており、病気の

リスクが上がることは間違いないです。

詳しくはこちらの生活習慣病についてを参考に

心臓の負担が増え心臓病に繋がる

肥満によって体が大きくなると

それだけ体内をめぐる毛細血管も

長くなります。

そのため、全身の隅々まで血液や

酸素、栄養を送るためには

血液を強く送り出す必要があるために

心臓の負担も大きくなります。

また、肥満になると体を動かすにも

大きなエネルギーが必要となります。

そのエネルギー消費に対応するために

心臓の働きも高まりますが、

心臓そのもの大きさは変わらないので

相対的に負担を増やしてしまうのです。

肥満によって心臓への負担が限界を

超えてしまうと狭心症や心筋梗塞など

重大な心臓病を発症する危険が

あります。

スポンサーリンク

睡眠時無呼吸症候群になる

肥満になると気道が脂肪によって

ふさがれてしまうため、気道が

狭くなり呼吸が難しくなります。

通常は問題なくても睡眠時には

無意識に呼吸が止まる

「睡眠時無呼吸症候群」

引き起こす危険性があります。

症状としては大きないびきをかいたり

朝目覚めた時に、頭痛が起こるのが

特徴です。

睡眠時無呼吸症候群が悪化すると

早死にしたり、生活習慣病を同時に

引き起こす危険性もあります。

睡眠時無呼吸症候群の症状や原因についてはこちら!

足腰への負担の増大

肥満になると体重が増加するために

体を支える足腰への負担も

大きくなります。

体重が増え、足腰に負担がかかると

関節が歪んだり、軟骨が変形する

変形性膝関節症を引き起こす原因と

なります。

また、肥満になると運動するには

多くのエネルギーを消費するために

少し運動しただけでも疲れたり

動悸や息切れも多くなります。

まとめ:肥満は病気のリスクを増大させる危険な要素!

このように肥満は体の至る所に

悪影響を及ぼす危険性があります。

極端な話、肥満が進行すれば死亡する

リスクも高まるという訳です。

肥満気味の人全てに言えることでは

ありませんが、少なくともやせている

人に比べて肥満の人は各種病気を

発症するリスクが高いことは

間違いありません。

もしも、あなたが先々の病気への

リスクを気にしているのであれば

病気の予防や改善のためにも

まずは肥満の改善から始めてみることを

オススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加