【人はなぜ太るのか?】肥満のメカニズムと原因を徹底解説!

taisibouhiman

恐らくこの記事を見ていることは

あなたも人間がなぜ太るのか

その仕組みに疑問を持っているのだと

思います。

複雑そうに見えるますが、肥満になる

そのメカニズムは意外と単純であり

エネルギーの入支出のバランス

関係しています。

今回は、人間がなぜ太るのか

その肥満のメカニズムや原因について

分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

肥満のメカニズムはこう!

gurahutoukei

肥満になるメカニズムについては

体のエネルギー消費量と食事から

摂取したエネルギー量のバランスが

関わってきます。

人間は生きていく上で、何もしなくても

生きるために必要な呼吸や心拍等に

使われる基礎代謝エネルギー

日常的な動作といった運動などで

消費する生活活動エネルギーの2つの

エネルギーを消費しています。

この2つの消費するエネルギーを

支出として扱います。

食事等で補給するエネルギーが

毎日消費される支出の

エネルギー量よりも上回る場合

その超過したエネルギーは体脂肪に

置き換えられ、体に蓄積されます。

これが肥満になるメカニズムであり

要するに、自分の体が必要とする

エネルギー消費量よりも多い

エネルギーを取り入れてしまうのが

肥満に繋がるのです。

特に、現代は食べ物が少なく死と

隣り合わせだった狩猟採集の時代とは

違って、飽食の時代であり

余程のことがない限りは食べ物に

困ることはありません。

それゆえに、本来必要なエネルギー量を

超えて食べ物を摂取するようになった

その環境の変化が肥満の根本的な

原因とも言えます。

肥満になる原因

先ほどエネルギーを取り過ぎると

肥満になると書きましたが、

摂取する食べ物によっても

体に吸収され蓄積される

エネルギー量も異なるので肥満になる

原因は食べ物にあります。

スポンサーリンク

炭水化物が一番の原因!

gohantansuikaburtu

肥満になる原因としては

よく肉の食べ過ぎが考えられますが

実際には肉類よりも炭水化物の方が

肥満の原因になりやすいとされます。

肉類には確かに脂肪も含まれますが

L-カルニチンという脂肪を燃焼させる

働きのある成分も含まれているため

脂肪分の少ない肉であれば肥満を

防ぐことができます。

しかし、炭水化物には血糖値を

上昇させ、糖を脂肪に変えて蓄積させる

働きしかないので、肉に比べると実際は

肥満になる危険性が高いです。

つまり、炭水化物は肉のような

不要なエネルギーを減らす働きがなく

ただエネルギーを取り入れるだけの

要素であるために、最も肥満に

繋がりやすい食べ物と言えます。

よくダイエットで肉類を減らすより

パンやごはんの量を減らす方が

重要と言われるのはこのためです。

過度な食事制限のダイエットも原因

osarasyokujiseigen

ダイエットも一歩間違えれば

肥満に繋がる原因となります。

食事制限で食べる量が少ないから

肥満にならないという考えは

半分間違っていると言えます。

その理由としては体の防衛本能が

関係しており、極度の栄養不足で

飢餓状態になっている時には

体の防衛本能が働いて

脂肪の吸収率が激増します。

過度な食事制限によって栄養不足に

至るダイエットほど、リバウンドを

招きやすいのはその防衛本能による

吸収率の高さが影響しており、

体が生命維持のために必要以上に

エネルギーを取り入れた結果

リバウンドしてしまうのです。

ダイエットも行うのであれば

計画的に、なおかつ健康に害が出ない

範囲で行いたいところです。

まとめ:必要以上のエネルギー摂取は肥満の元

このように肥満が起こるメカニズムは

日々消費するエネルギー量より

取り入れるエネルギー量の方が

多くなることで起こります。

具体的は取り入れる食べ物によって

そのエネルギー量が異なるので

日々何を食べているのかも

肥満の原因を知る上でも重要です。

特に、炭水化物の取り過ぎは

肥満に繋がる一番の原因なので

気を付けましょう。

肥満のメカニズムをしっかりと理解して

肥満予防に努めていきたいですね。

参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加