紫外線による日焼けを防ぐために使われる

「日焼け止め(サンスクリーン剤)」

肌に塗るだけで簡単に対策できるのが

魅力的であり、今では一年を通して

使われることも珍しくありません。

 

しかし、そんな日焼け止めも

使い方を間違えてしまえば、効果を

失うだけでなく、逆に肌にダメージを

与えてしまう危険もあります。

 

今回は、正しい日焼け止めの正しい

塗り方について解説していきます。

日焼け止めの正しい使い方・塗り方

試し塗りをしてから使う

まず一口に「日焼け止め」と言っても

非常に多くの製品があるため、一見

同じように見える日焼け止めでも、

人により肌との相性は異なります。

 

日焼け止めの相性が悪いと、副作用で

肌がかぶれる原因となるので、初めて

利用する日焼け止めの場合は、最初に

一部分だけ塗って副作用が起こらないか

必ず確認しましょう。

 

量は気持ち多めに

日焼け止めの効果を発揮されるには

十分な量の日焼け止めを肌に塗る

必要があります。

 

顔全体に塗ることを例にした場合、

目安としては大体500円玉程度

量になります。グラムに換算すると

0.8~1グラムといった感じです。

クリームタイプの日焼け止めは、

これより若干少ない量が適量です。

 

一見塗り過ぎなようにも見えますが、

実際に、日焼け止めの効果を

発揮させるためにはある程度の量が

必要となるので、もったいぶらずに

思い切って手に出しましょう。

 

ただし、使用する製品によっても

適量が異なるので、製品の使い方には

しっかりと目を通しておきたいです。

塗るときはムラができないように

必要な量を手に出したら、次に肌に

塗る作業に移りますが、一度に全体を

塗るのではなく、反対の手に半分

日焼け止めを塗り分けた後、そこから

肌に塗り始めるのが良いです。

 

一気に塗ってしまうと日焼け止めが

一部分にのみ偏ってしまうため、

十分に紫外線を防ぐことができません。

 

付けたい部分に日焼け止めを塗った後、

中心から外側に向けて広げる感じです。

指全体を使ってまんべんなく広げると

ムラなく広げることができます。

 

乳液タイプの場合は、片手に出した

日焼け止めをもう片方指で直接取って

そのまま塗ると良いです。

 

また、確実に日焼けを防ぎたい場合は

その上から、もう一度日焼け止めを

塗りましょう。

特に、直射日光に当たりやすい頬や

おでこ、鼻の頭、腕は重ねて塗ることで

しっかりと日焼け止めを防げます。

 

時間が経ったら再度塗り直しを

日焼け止めは時間の経過とともに

汗や皮脂によって落ちてしまいます。

日焼け止めは一度塗ったら終わりではなく

ある程度時間がたったら再度塗ることも

大事です。

 

製品によっても効果時間は違いますが

目安としては3~4時間おきに

塗り直すのが望ましいです。

短時間の外出であれば、塗り直す必要は

ありませんが、長時間屋外にいる場合は

定期的に塗り直しましょう。

 

塗り直す際は、タオルやティッシュ等で

汗や皮脂を取り除いてから塗ると良いです。

そのまま塗ってしまうと日焼け止めが

肌になじまず効果が薄くなってしまいます。

 

まとめ:一度塗ったら終わりではないので注意

日焼け止めは、目的によって使用量が変わってきますが、肌に塗る際はムラを少なくして、露出している箇所全体にまんべんなく塗るのがコツです。

また、確実に日焼け止めを防ぎたい場合には、二度塗りを。長時間外出する際は、こまめに塗り直すことも忘れないようにしましょう。

しっかりと塗るには手間がかかりますが、紫外線から肌を守るためにも正しい方法で日焼け止めを塗りましょう。