日焼けのメカニズムや原因はこれ!日焼けはやけどと同じこと!?

taiyoukousigaisen (1)

夏場の季節、地味にヒリヒリして

辛い思いをする「日焼け」の問題。

海水浴などの夏場のレジャーとは

切っても切り離せない悩みであり

日焼け止めは必須のアイテムでしょう。

強い日差しの中、長時間肌が日光に

さらされると皮膚が赤くなり

次第に黒くなっていき日焼けと

なります。

しかし、なぜ日焼けしてしまうのか

そのメカニズムについて、根本から

知っている人は少ないかと思います。

今回は、その日焼けのメカニズムや

原因について、解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

日焼けしてしまうメカニズム・原因

hiyaketaiyousigaisen

そもそも日焼けというのは

太陽の光によるやけどの一種であり、

医学用語では「日光皮膚炎」と

呼ばれています。

やけどと同じことなので日焼けが

悪化すると、しわやシミの原因と

なったり、たるみや皮膚がんといった

人体に悪影響を及ぼす危険があります。

日焼けの原因は紫外線にある

日焼けの原因は日光が放っている

紫外線にあります。

紫外線は細胞を破壊するエネルギーを

持っているために、長時間紫外線に

さらされてしまうと皮膚がダメージを

負ってしまいます。

皮膚以外の例として、洗濯物や布団を

干す、乾かす際に日光に当てるのが

良いとされるのは、その紫外線の

エネルギーによって細菌などの微生物を

殺し殺菌してくれるからです。

紫外線にはそれほどの力があります。

さらに細かく分けると紫外線には

大きく分けて3種類あり

  • UVA
  • UVB
  • UVC

の3種類です。

これらABCの紫外線は種類によって

紫外線の強さが異なります。

この中ではUVCが最も強力な

(人体に害のある)紫外線です。

日焼けと関係してくるのは

その中のUVAとUVBです。

最も有害なUVCの紫外線は

オゾン層で守られているため

基本的には関係ありません。

(しかし、今後オゾン層の破壊が

進行すれば人体に大きな悪影響を

もたらす危険があります。)

スポンサーリンク

UVAによって引き起こされる日焼け

UVAはUVBに比べるとエネルギーは

そこまで大きくはありませんが

肌の奥深くまで紫外線が浸透し

皮膚の形や弾力を保っている真皮に

ダメージを与えます。

分かりやすく言うと、紫外線が深くまで

浸透することで、皮膚の内側から

黒くする(日焼けさせる)

紫外線といった感じです。

UVAでも長時間浴びれば健康に

害をもたらしますが、短時間であれば

そこまで大きなダメージとは

なりません。

そのため、日焼けサロンなどで

使われている紫外線はこのUVAです。

ただ、UVAは雲ガラスを通過するので

室内にいてもダメージを受ける

危険があります。

直接、日光を浴びていなくても

UVAの紫外線には注意が必要です。

UVBによる日焼け

taiyoukousigaisen (2)

皮膚を赤く腫れさせる紫外線は

こちらのUVBです。

UVBはUVAと違い、雲ガラスを

貫通せず、地上に届く紫外線の総量も

10%にも満たない紫外線です。

しかし、UVBはUVAよりも数百倍

強力な(有害な)紫外線と言われており

長時間、この紫外線にさらされると

皮膚の表面にやけどを引き起こします。

皮膚が赤くなって水ぶくれが

できたり、ヒリヒリと炎症を

引き起こすのは、このUVBによって

皮膚の表面(表皮)が焼かれて

炎症を起こしているからなのです。

人体にとって悪影響を及ぼす危険の

高い紫外線なので、夏場の強烈な

日差しの時に、外出するのであれば

日焼け止めや日傘、帽子などで

紫外線対策を忘れずに行いたいです。

また、日焼け止めを検討する際にも、

UVB対策となるものを選んで

しっかりと紫外線をカットするように

注意しましょう。

まとめ:日焼けはやけどの一種!

このように日焼けしてしまう

メカニズムは単純であり、日光が発する

紫外線によって皮膚がやけどすることで

日焼けが発生します。

特に、UVBは人体に与える影響も

大きいので、夏場、日の強い時に

外出する場合には、日焼け止めを

利用することが日焼け予防、シミ、

しわ予防においても重要です。

紫外線は目に見えないものなので

日が強いときには、日焼け止めや

日傘、帽子などしっかりと対策をして

肌を守りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加