日焼けは「やけど」とほぼ同じ現象であり

皮膚にダメージを与えるため、できる限り

日焼けは予防するのが望ましいです。

 

日焼けの予防には日焼け止めクリームを

塗るのも効果的ですが、それ以外にも

いくつかの予防方法があります。

 

今回は、日焼けを予防する方法について

解説していきます。

日焼けの予防法

直射日光を避ける

日焼けを予防するには、まず直射日光を

避けることが大事です。

直射日光を避けることができれば、

紫外線の大部分は避けられます。

 

ただ、紫外線は例え屋外にいなくても

窓から差し込んでくるため、室内でも

直射日光が差し込んでいる場合には

紫外線対策が必要になります。

 

直射日光を避ける方法としては

  • 日陰を歩く
  • 日傘や帽子、サングラスを付ける
  • 窓にカーテンやすだれを付ける

といった方法があります。

ちなみに、紫外線は日陰にいても

反射してくるため、例え直射日光に

当たっていなくても長時間屋外にいると

日焼けしてしまう恐れがあります。

 

そのため、日差しが強い日には

直射日光を避けつつ、日陰であっても

長時間の外出は避けた方が良いです。

また、外出の際は他の紫外線対策も

同時に行うことが重要です。

 

肌を保湿する

日焼けを予防する上で、肌の保湿

欠かすことのできない要素です。

肌が乾燥していると、紫外線を含む

外部からの刺激を防ぐことができず、

肌にダメージを与えてしまいます。

 

逆に、しっかりと肌が保湿されていれば

紫外線によるダメージを防ぐことが

できるため、日焼けしずらくなります。

 

化粧水やクリーム等を正しく使うことも

大事ですが、健康的な生活習慣を

目指すことも肌の健康を保つ秘訣です。

健康的な生活習慣を目指す

肌の保護力を高めるためには、

体の内部から改善することも重要です。

規則正しい食生活や、十分な睡眠等で

体に疲れを残さないようにすることも

最終的には日焼け予防にも繋がります。

 

また、日焼け予防に効果的な栄養素に

  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • リコピン

があり、これら栄養素は

抗酸化作用が高く、肌の免疫力を

高めるためにも重要な栄養素です。

 

具体的な食べ物としては

  • アセロラ
  • イチゴ
  • スイカ
  • ニンジン
  • トマト
  • アボカド
  • レバー
  • うなぎ

などがあります。

日焼けを防ぐのであれば、これらの

食べ物を食事に取り入れましょう。

 

日焼け止めを塗るなら均等に

日焼け止めには専用の日焼け止め

クリーム等を利用するのが効果的ですが、

この日焼け止めは正しく使わないと

その効果を発揮することができません。

 

自分の肌に合ったものを使用し、

皮膚全体をカバーするためにも均等に

塗るようにしましょう。

 

また、日陰であっても反射した紫外線が

肌にダメージを与えるので、夏以外にも

一年を通して、外出する際は日焼け止めを

塗る習慣をつけると良いでしょう。

 

まとめ:例え日に当たっていなくても紫外線は当たる

このように日焼けの原因である紫外線は

例え直射日光に当たっていなくても、

地面や窓からの反射した紫外線から

肌にダメージを与えます。

 

そのため、予防法としては直射日光を

避けること以外にも、肌を保湿したり

日焼け止めクリームを塗るといった

対策が必要です。

 

夏でなくても紫外線は常に差し込んで

来るため、日陰にいるから大丈夫とは

思わず、日頃から日焼け止め対策を

忘れないようにしましょう。

以上、参考になれば幸いです。