ホワイトニングには歯科医院で行う

「オフィスホワイトニング」と

自分で行う「ホームホワイトニング」の

の2つの方法がありますが、一般的に

オフィスホワイトニングの方が費用が

高くなることが多いです。

 

しかし、その分1回の効果が大きく、

歯科医の下で行うということもあり、

不安や気になる点を直接聞けるという

安心感があるのも特徴です。

 

今回は、オフィスホワイトニングの費用が

ホームホワイトニングより高い理由と、

歯科医院でホワイトニングを受ける際に

必要になる費用等について解説していきます。

ホワイトニングの費用

オフィスホワイトニングにかかる費用は

初回のホワイトニング費用と、その後の

メンテナンスにかかる費用の2種類が

あります。

 

 

料金は各歯科医院ごとに異なりますが、

目安としては、初回のホワイトニングで

1万円から最大5万円前後です。

 

オフィスホワイトニングの費用の内訳は

主に、ホワイトニング用マウスピースの

作成費とホワイトニングを行う際に

使用する薬剤費となります。

 

実際にホワイトニングを行う歯の本数や、

全体の過程によっても料金は前後しますが

相場としては1万円~5万円であることが

多いです。

 

また、歯科医院によってはオプションが

用意されていたり、オフィスとホームでの

両方のホワイトニングを併用して行う

特殊なプランもあるので、具体的な金額は

歯科医院ごとに異なります。

 

メンテナンスの費用について

ホワイトニングは1回で終わることはなく

継続してホワイトニング行うことで、

白い歯を保ちます。

 

ホワイトニング後のメンテナンスを

行わなかった場合は、徐々に歯の色が

戻ってしまいます。

高額なホワイトニング費用も歯の色が

元に戻ってしまったら意味がありません。

 

 

メンテナンスは歯の色が元に戻ったと

感じた時や、最後のホワイトニングから

半年ほど経過した際に行うのが一般的です。

 

多くの歯科医院では、メンテナンスは

初回の費用より安いことが多いですが、

相場は数千円~2万円前後です。

 

 

ホワイトニングと保険について

審美目的のホワイトニングは、

基本的に、健康保険の適用外で

医療費控除も対象外となります。

 

健康保険、医療保険共に適用されるには

治療で目的であることが前提なので、

審美が目的のホワイトニングには基本的に

保険が適用されません。

 

一方、歯に付いた歯垢や歯石を取り除く

クリーニングの場合は、歯周病の治療に

繋がるため医療費控除が適用されます。

 

そのため、ホワイトニングを行う前の

クリーニングに限り、医療費控除を

受けられる可能性はあります。

 

ただし、ホワイトニングには保険も

医療費控除も適応外となるので、

最終的に歯を白くするまでにかかる費用を

考えるとホームホワイトニングよりも

割高になることが殆どです。

 

まとめ

このように歯科医院でホワイトニングを

行う場合、1回1万円~5万円前後である

ことが多く、ホームホワイトニングに

比べると料金はやや高めです。

 

また、初回のホワイトニングの後も

定期的にメンテナンスが必要になるため、

その点も含めて最終的にどれぐらいの

費用になるのか見積もると良いです。

 

オフィスホワイトニングを行う場合、

料金だけでなく、通いやすさや人柄、

実績等を比較検討した上で、自分に合う

方法でホワイトニングを受けましょう。

 

以上、参考になれば幸いです。

関連:【自宅でできる】研磨剤無しのおすすめホワイトニング歯磨き粉はこの4つ!