【切りすぎ注意】深爪の原因は何か?悪化すると激痛を伴うかも

tume

皆さんは深爪になったことは

あるでしょうか。

私自身、つい爪を切りすぎてしまい

深爪になったことは何度もあります。

実は、深爪は悪化すると強い痛みを

伴うこともある危険な状態とも

言われています。

今回は、この深爪について

解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

■ 深爪とは?

深爪とは爪の下にある皮膚

爪床の部分が露出している

状態のことを言います。

爪床の部分は毛細血管が密集しており

深爪になってしまうと、この部分が

外部に晒されるので傷つきやすく

感染症になる危険が高いです。

■ 深爪の原因

深爪の原因として最も多いのは

爪の切りすぎですが

それ以外にも原因はあります。

  • 爪を噛む

爪を噛むことで皮膚と爪の間に

力が加わるので、その負担によって

深爪となってしまいます。

主に、子供に多い原因ですね。

また、爪を噛むと爪の形が

変形してしまい、雑菌等も

侵入してしまうことがあるので

極力爪を噛む癖はなくしたいです。

  • 運動などの外部の衝撃

爪にボールなどがぶつかってしまい

その衝撃で深爪をなることがあります。

また、滑って転んだ際に指先から

倒れてしまうと、その時の摩擦で

爪と皮膚の間に力が加わり

深爪になることもあります。

特に、バスケットやサッカーなどの

球技系のスポーツ、ジョギングなどの

手足の指先に負荷がかかるスポーツは

深爪になりやすいです。

私自身も運動中に深爪になることが

非常に多かったです・・・。

バスケットをしている時に深爪になり

ボールをキャッチするだけでも

痛みを伴いました。

(出血したこともあります。)

完全に防ぐことは難しいですが

できる限り無理な運動はせず

爪に過負荷がかからないよう

気をつけたいところです。

また、運動に熱中していると深爪に

気づかず症状が悪化することも

あるので、変化に気づいたら早めに

テーピングで応急処置をしましょう。

スポンサーリンク

■ 深爪が悪化するとどうなるのか

深爪はその爪の状態によっては

変形したり化膿することがあります。

その代表例が3つあります。

  • 巻き爪

爪の淵まできっちり切ってしまうと

巻き爪になりやすくなりますが

この淵の部分を深爪してしまい

爪が▲の形になってしまうと

その危険がさらに高くなります。

放置していると爪が巻きついて

丸くなり痛みを伴います。

特に、足の親指が巻き爪になりやすい

ので気をつけたいところです。

  • 化膿性爪囲炎(かのうせいそういえん)

深爪になっていると爪床が

露出した状態になっているので

感染症を引き起こすことがあります。

化膿性爪囲炎は爪が感染症になった

状態のことを指します。

初期の段階では爪の周りが赤く腫れ

若干痛みを伴うくらいですが

傷が悪化すると膿が溜まってしまい

激痛を伴います。

最悪爪全体を切除する必要があり

繰り返し炎症を引き起こすと

爪の形が変形することもあります。

  • 陥入爪(かんにゅうそう)

爪が周囲の皮膚に食い込んでしまう

ことで炎症を起こすことを言います。

深爪はこの陥入爪の原因として

最も多いとされています。

巻き爪と似ていますがこちらは

爪の角が皮膚に食い込むので

巻き爪以上に激しい痛みを伴います。

放置していると膿んでしまい

出血することもあるので

早めに病院で治療を受けましょう。

■ まとめ

深爪になる原因の多くは爪の

切り過ぎによるものです。

爪を切る際は深く切り過ぎないよう

十分に気をつけたいところです。

【足の爪は要注意】爪の正しい切り方とは?爪切りのコツを解説!

万が一出血したり痛みを

伴うなど症状が出た場合には

できるだけ早くに皮膚科で

治療を受け悪化を防ぎましょう。

以上、参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加