深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと

tume01

爪を切り過ぎてしまうことで

発生する深爪。

深爪になると痛みを伴ったり

悪化すると、巻き爪や陥入爪に

なることもあります。

今回は、深爪になった時に

気をつけるべき点や対処法に

ついて解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

■ 深爪の治し方

■ 爪を切らない、いじらない

深爪の度合いにもよりますが

基本的に衝撃を加えないようにして

自然に爪が生えてくるのを待つのが

深爪の治療法です。

ちょっと伸びたらすぐに切りたく

なってしまいますがそこは

ぐっと我慢して爪がしっかり

伸びるのを待ちましょう。

側面の部分が尖ってきた場合は

紙製の爪やすりで角を削りましょう。

爪切りだと思わず深く切ってしまい

深爪が悪化することがあるので

極力やすりで整えましょう。

また、深爪になっている爪を

やたらにいじるのも感染症を

引き起こすことにもなるので

絶対に避けましょう。

爪を噛むなどの癖も

極力なくしていきたいです。

■ 止血をする

一時的に指先に強い衝撃が

加わると深爪と同時に出血する

こともあります。

すぐに水で患部を清潔にして

消毒をしましょう。

爪がかけている状態でも無理に爪を

整えたりはせず、清潔に保ち

止血するまでは安静にしましょう。

乾燥してかさぶたになってしまうと

爪が変形してしまうこともあるので

できるだけ保湿すると良いです。

■ テーピング等で患部を保護する

深爪になっているときは

爪床が露出している状態なので

感染症にかかりやすい状態でも

あります。

そのため患部をガーゼやテーピングで

保護して、感染症や外部からの

衝撃を防ぐ必要があります。

また、テーピングで貼る前に

オロナイン軟膏などを塗っておくと

炎症を抑えることができるので

一緒に使うとよいでしょう。

■ 皮膚科へ行く

炎症や痛みが強く出ている場合は

皮膚科へ行くことをオススメします。

巻き爪や陥入爪になってしまった

場合も同様で、早めに病院で治療を

受けて悪化するのを防ぎましょう。

また、深爪の治療の中には

深爪矯正という治療法もあり

頻繁に深爪になってしまう方や

爪が非常に小さくなってしまった

方に効果があるそうです。

費用はかかりますが確実に深爪を

治したいのなら検討してみるのも

良いかもしれまん。

スポンサーリンク

■ 深爪を悪化させないために

深爪になっている

部分に極力負担がかからない

様にして悪化を防ぎたいです。

指が深爪になった際は

物を持つときやスポーツをする時に

指先に過負荷がかからないよう

十分注意したいです。

【切りすぎ注意】深爪の原因は何か?悪化すると激痛を伴うかも

特に、球技系のスポーツは

指先への負担も大きいので

深爪が悪化する危険があります。

足の爪の場合はハイヒールなどの

先端が細くなっているような

靴を履くのは極力避けたいです。

先端が細くなっている靴は

爪先への負担が大きく

側面からも力が加わるため

巻き爪や陥入爪になる危険があります。

特に、足の親指の爪が深爪になると

これらのリスクが大きいので

深爪になった時は気をつけましょう。

■ まとめ:患部を傷つけないことが重要

深爪になってい部分は

外部からの衝撃や感染症に

非常に敏感なので患部を

保護することが非常に重要です。

患部を清潔に保って爪が

生えてくるのを待ちましょう。

心配な方は皮膚科へ行くことを

オススメします。

以上、参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加