歯に良い影響を与える

優秀な化学物質、フッ素。

 

フッ素は正しく使えば

虫歯予防や歯質の強化に役立つ

物質ですが使い方を間違えると

毒性となる危険があります。

 

フッ素については賛否両論の

ところも多いようですが

一体何が危険なのでしょうか。

 

今回は、このフッ素の危険性と

正しいフッ素の使い方を

解説していきます。

スポンサーリンク

■ フッ素は危険なのか

フッ素は一般的には歯に良い影響を

もたらす優れた化学物質ですが

濃度の高いフッ素を摂取してしまうと

腹痛や吐き気などの急性中毒症状を

引き起こす恐れがあります。

 

また、低濃度であっても頻繁に

摂取してしまえば中毒となる

恐れがあります。

 

ただ、日常生活の中でフッ素を

過剰に摂取することは滅多になく

一度に大量の歯磨き粉を飲んだり(笑)

しなければ普通は問題ないです。

(普通の歯磨き粉にはそこまで

フッ素は含まれていません。)

 

適切な量で使っていれば

特に、フッ素が危険だという

ことはないでしょう。

 

(どうしても危険だと思う方は

無理に使わなくても歯磨きさえしっかり

できていれば何の問題もないので

あくまでも参考程度に。)

 

個人的にフッ素うんぬんよりも

正しい歯磨きを行うことの方が

最も重要だと思います。

【奥歯も磨けてる?】歯の正しい磨き方とは?

 

フッ素(歯磨き粉)は適切に使えば

虫歯予防や歯質の強化の補助として

役立つので使い方を守っていれば

害になることはないと私は思います。

スポンサーリンク

■ 正しいフッ素の使い方

フッ素は市販の歯磨き粉に

元から含まれているので

特別、フッ素用の歯磨き粉を

購入する必要はないです。

 

(ただ、ジェル状の物や

うがい薬の様なフッ素もあるので

しっかりとフッ素を活用したい方は

他の製品も検討すると良いでしょう。)

 

まず基本ですがフッ素入りの

歯磨き粉を使い丁寧に

歯を磨いていきましょう。

 

本当に基本のことですが

フッ素は綺麗な状態の歯のでないと

塗っても殆ど意味がないです。

 

そのため表面の汚れはしっかり

落とす基本のことができていれば

フッ素もしっかり付着します。

 

そしてもう一つ重要なのが

最後のゆすぎです。

 

ゆすぐ際は軽く1、2回程度で、

味が僅かに残るくらいが

最も効果的と言われています。

 

フッ素は口に長時間留まることで

その効果を発揮できます。

 

せっかく綺麗に磨いたのに

ゆすぎで全て流れてしまったら

意味がないです。

 

慣れないと口の中がちょっと

気持ち悪い感じもしますが

フッ素を最大限に生かすために

できるだけゆすぎは軽くしましょう。

 

フッ素ジェルを持っている方は

歯磨きで歯の表面の汚れを先に

落としてから使うと良いです。

 

■ まとめ:適切に使えば危険ということはない

確かにフッ素は過剰に摂取すると

体には良くないですが普通の

日常生活の中で過剰摂取してしまう

ことは考えられないです。

 

使いすぎも考えものですが

フッ素は適切な量で使えば

歯に良い影響をもたらします。

 

危険かどうかの判断は最終的に

個人の考え方によります。

 

個人的にはあまり深く考えないで

まずは正しい歯磨きを行うことを

最優先にするべきだと思いますね。

フッ素はその基本ができてからです。

以上、参考になれば幸いです。

 

【虫歯予防に役立つ】フッ素と何か?歯に与える良い効果とは?

フッ素についてはこちらで

解説しております。

スポンサーリンク