「朝起きたらものすごく頭が痛い」

「気持ち悪くて吐き気がする」

という辛い二日酔いを経験したことは

ないでしょうか。

 

お酒を飲んだのは良いけれど

次の日の活動にまで影響が出るのは

流石に困りますよね。

 

今回はこの二日酔いの治し方

について解説していきます。

スポンサーリンク

■ 二日酔いの治し方

■ 水分を補給する

suibunhokyu

アルコールの分解には水分がないと

正常に行われないため、朝起きて

二日酔いの症状が出ている場合には

まず水分を補給しましょう。

 

水分を補給することで

体内のアルコールを早くに

排出することができます。

 

ただ、この時に冷水を飲んでしまうと

水分の吸収が遅れてしまい

お腹を壊すこともあります。

 

理想的なのは常温、あるいはぬるめ

水やお茶、スポーツドリンクです。

 

これらの飲み物で水分を補給して

まずは脱水症状を治すことが重要です。

 

■ 頭痛薬を使うなら

kusuri

二日酔いはつらい頭痛の症状も出るので

頭痛薬が効果的かと思われがちですが

実は体内にアルコールが残っている

状態で頭痛薬を服用すると

逆効果になる場合もあります。

 

頭痛薬の成分は本来肝臓で一定量は

分解されてから全身に回るので

アルコールに邪魔され

十分に分解しきれないと過剰に成分が

全身に回ってしまいます。

 

場合によっては急激な眠気が来るなどの

副作用が出ることもあります。

 

使用する場合は、アルコールが

ある程度抜けて体調が回復してから

使うようにしましょう。

 

ちなみに、コーヒーや牛乳でも

同じように頭痛を抑える

効果があると言われています。

 

アルコールには血管を拡張する

効果があり、この血管の拡張が

お酒の飲み過ぎで長時間続くと

血管が炎症を起こして頭痛となります。

 

コーヒーや牛乳にはこの血管を

収縮させる作用があるので

頭痛の症状が強く、頭痛薬を

持っていない場合にはこれらを

飲むと良いです。

スポンサーリンク

■ 吐き気が強い場合はどうするか

お酒を飲みすぎて吐き気がある

場合には、無理にこらえようとせずに

吐いてしまった方が良いです。

 

しかし、吐いたところで体内の

アルコールが完全に抜けるという

訳ではないので注意しましょう。

 

また、吐く行為は食道の粘膜を

傷つけることにもなるので

逆流性食道炎になる危険もあります。

 

どうしても気持ち悪い場合には

水分を補給してから吐いた方が

粘膜への負担を軽減できるので

先に水分を補給しましょう。

 

■ ヘパリーゼを使う

ヘパリーゼは肝臓の機能を助ける

働きがあるので、二日酔いの

予防・改善のどちらにも

高い効果が期待できます。

 

peparize

ゼリア製薬から発売されている

製品で、肝臓のイラストが

特徴的ですね。

 

コンビニでも簡単に入手できるので

「二日酔いが辛いけど仕事がある!」

という忙しい方にオススメです。

 

■ まとめ:二日酔いには水分補給が効果的!

二日酔いは大量のアルコールを

分解しきれないことによって

発生します。

 

特に、お酒は強い利尿作用により

体内の水分を大きく失うので

水分補給は二日酔いの改善には

非常に重要です。

 

適切に対処してつらい二日酔いを

素早く治しましょう。

 

スポンサーリンク