【ウイルスが原因】イボとは何か?その原因や治療法とは?

asiura

ある部分に突然ポツっと現れる

イボ。

よく足の裏にできることが多いですが

他にも地味に目立ってしまう手や

顔にできることもありますよね。

今回は、このイボの原因や

治療法について解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

■ イボって何?

イボはウイルスが皮膚に感染してできる

小さな増殖物で、良性腫瘍です。

(ウイルスは「ヒト乳頭腫ウイルス」と

言います。)

イボの特徴としては

  • 基本的に痛みや害は殆どない
  • 形は灰白色のドーム状
  • 他の場所にうつることがある
  • 子供にできやすい

という特徴があります。

よく、うおのめタコ

症状に似ていると言われていますが

違いとしてはイボはウイルスが

原因で発生するという点です。

【タコやイボとは何が違う?】魚の目の原因とその治療法とは?

また、イボは皮膚が盛り上がった

状態なので、削ると出血する

特徴があります。

うおのめとタコは皮膚の角質

厚くなるので削っても出血する

ことは殆どないそうです。

イボは良性腫瘍ですが放置していると

他の部位に広がったり、大きくなる

こともあるので、できる限り

早めに治療した方が良いです。

スポンサーリンク

■ イボの原因

イボは上記にも書きましたが

ウイルスが皮膚の小さな傷口から

入り込み、それが増殖することで

発症します。

全身どこでも発症しうるイボですが

その多くは指、膝、足の裏、顔面など

比較的ケガを負いやすい部分です。

特に、子供は遊んでいる中で

ケガや小さな傷を負うことが

多いのでイボもできやすいのです。

■ イボの治療方法

イボの治療法はいくつかあります。

ただ、間違ってもイボを自分で

切除するようなことは

絶対にしないようにしましょう。

傷口からさらに細菌が入ってしまい

化膿することもあります。

  • 液体窒素での治療

恐らくイボの治療といったら

真っ先にこの液体窒素の治療が

思い浮かぶと思います。

(私も昔、この治療法でイボを

治療したことがあります。)

イボの部分を液体窒素という

非常に冷たい物質で急激に冷やし

壊死させてしまう治療法です。

簡単に言うとイボの部分を意図的に

やけどを負わせて新たな正常な

細胞を再生させることです。

治療後は水膨れができますが

これは皮膚が安全に再生するために

必要なものなので潰さないように

気をつけましょう。

やけどを負うことと殆ど同じなので

とにかく痛いのと何回か治療を受ける

必要があるのがデメリットですが

保険適応がされるので安価で済みます。

最も一般的な治療ですが

痛みを伴う分、小さいお子さんは

かなり嫌がる可能性が高いので

その際は医師と相談しましょう。

  • レーザー治療

炭酸ガスレーザーと呼ばれる

レーザーを照射することで

イボの治療を行います。

イボのある部分に表面麻酔を

かけるので痛みが殆どなく

小さなイボが複数ある場合に

非常に効果的な治療と言われています。

ただ、保険適応外なので料金が

高いのがデメリットです。

  • 市販薬を使う

ibokorori

最も有名な市販薬には

「イボコロリ」があります。

個人的には皮膚科で治療して

もらうことをオススメしますが

どうしても時間がないような方は

市販薬を使って治すと良いでしょう。

ただ、イボによっては効果がない

或いは使用できない場合もあるので

全てのイボを治療できるわけでは

ありません。

使う場合は使用上の注意等の

説明をよく確認した上で

使いましょう。

■ まとめ:できれば皮膚科を受診する方が良い

イボは素人が見てもタコや

うおのめなどとの判別が難しいことも

多いので、基本的には早めに皮膚科で

見てもらった方が良いです。

イボは直接身体に害を与える

物ではありませんが、大きくなったり

他の部位に移ることもあるので

できる限り早めに治療しましょう。

以上、参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加