インビザライン矯正とは一体何?そのメリットとデメリットとは

inbizline

現在、矯正の方法として

最も一般的な方法は

おそらくワイヤー矯正ですが

ワイヤー矯正は歯に負担が掛かり

人によってはかなり辛いという

こともあるでしょう。

しかし、このワイヤー矯正の

欠点を改善したインビザラインと

呼ばれる矯正方法が最近

話題となっています。

今回は、このインビザラインとは

一体どのような矯正方法なのか

ワイヤー矯正とは何が違うのか

そのメリット・デメリットを

解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

■ インビザラインとは

inbizline2

インビザラインとはワイヤーと

ブラケットを使用せずに

マウスピース(アライナー)によって

矯正を行う方法です。

このアライナーという装置は

精密検査によって得た情報を

アメリカのインビザラインの会社

「アライン・テクノロジー社」に送り

各患者に最適なアライナーを製作します。

1997年にアライン社で

開発されて以降、アメリカや

ヨーロッパなどの先進国を

中心に世界各国に販売されています。

日本では、2006年に導入と

日本にとっては比較的最新の

矯正方法です。

(私も実際に調べて初めて知りました。)

スポンサーリンク

■ インビザラインのメリット

ワイヤー矯正と違い

  • 装置が目立たない
  • 任意で取り外しが可能
  • 痛みや違和感が少ない

この3つが大きなメリットです。

まず、ワイヤー自体使わず

透明なマウスピースを使うので

見た目は非常に良いです。

また、マウスピースなので

任意で取り外しが可能です。

ワイヤー矯正と違い食事や

歯磨きの時に取り外すことが

できるので歯の手入れも

非常にやりやすいです。

痛みが少ないというのは

インビザラインは1つの

マウスピースで動かす距離が

短く、過度な力がかかりにくい

ため痛みも少ないのです。

また、ワイヤーと違い装置が

口内を傷つけることがないので

違和感も殆どありません。

■ インビザラインのデメリット

メリットが多いように見える

インビザラインですが

もちろんインビザラインにも

デメリットはあります。

①ワイヤーに矯正に比べて歯が動かない(場合もある)

マウスピースは確かに

取り外しができて

痛みや違和感がありませんが

常時、力が加わるワイヤーと違い

歯の動きが遅くなることがあります。

食事や歯磨きの度にマウスピースを

外すことになるのでなかなか

歯が動かずに矯正に時間がかかる

こともあるそうです。

ただ、本来インビザラインは

歯の動きに無駄がないように

動かすので正しく装置を使用すれは

ワイヤーよりも効率良く

歯が動くと言われています。

仕事などの関係上食事をする

機会が多い方は要注意です。

②装置の交換・手入れが面倒

ワイヤー装置も確かに手入れが

大変ですがマウスピースも

取り外すたびに洗い、再度

付け直さなくてはいけません。

歯自体が綺麗であっても

マウスピースの手入れ不十分では

意味がないです。

ワイヤー以上に装置の手入れが

重要とも言えますね。

さらには取り外す関係上

紛失したり破損する

恐れもないとは言い切れません。

完全に固定されている

ワイヤーと違い装置の管理は

全て自分が行うことになるが

故のデメリットと言えます。

自己管理能力がないと

インビザラインでの矯正は

難しいでしょう。

③インビザラインではできない症例もある

ワイヤー矯正と同じく基本的に

あまり虫歯や歯周病がひどい場合は

インビザラインの矯正も受けることが

できません。

歯周病でも矯正できる?矯正すると歯周病も治るかも!?

また、歯並びがガタガタで

マウスピースがはまらない方や

10代前半の成長期にある方には

インビザラインはできない場合も

あるそうです。

これは実際に精密検査を

受けてみないと分からないことが

ほとんどなので、まずは一度

相談と検査を受けることを

オススメします。

■ まとめ:ワイヤーもインビザラインも一長一短

インビザライン矯正の最大の特徴は

なんといってもワイヤー矯正に比べて

歯への負担が小さく違和感も

殆どないという点でしょう。

ただ、上記のデメリットに

書いた通りにインビザラインの

矯正も一長一短の面があるので

自分の生活スタイルに合う

矯正方法を選択しましょう。

金額的にはあまり大差はないようなので

じっくり医師と相談して決めることを

オススメします。

以上、参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加