インフルエンザを発症すると体がだるく

食欲もあまり出ない時もあるでしょう。

食欲がない時に無理に食べるのは胃腸に

負担をかけしまうため、食欲に応じて

少しずつ食事の量を変えていく必要が

あります。

 

そんなインフルエンザの時の食事で

オススメな食べ物は

  • 食べやすく消化の良いもの
  • 水分が多く含まれているもの
  • 栄養価の高いもの

といったものがあります。

 

今回は、そんなインフルエンザの時に

オススメの食べ物・飲み物等について

解説していきます。

インフルエンザの時にオススメの食べ物

おかゆと梅干

体調を崩した時の食事の代表例である

おかゆは、体調が悪い時でも食べやすく

消化に優れます。

また、水分も多く含まれているため

水分補給も同時にできる優れものです。

 

さらに、おかゆに加えて唾液の分泌を

促進する梅干を一緒に食べることで

より高い効果を発揮します。

 

酸っぱいのが苦手な方には辛いかも

しれませんが、梅干には食欲を

増進させたり、消化を助ける働きが

あるので、食欲が低下しがちな時には

大いに役立ちます。

 

ただし、おかゆといっても、そのまま

飲むようにして食べると胃に負担を

かけてしまうので、食べる際はある程度

噛んでから飲み込みましょう。

 

ヨーグルト

ヨーグルトには乳酸菌が含まれており

この乳酸菌は免疫力を高める働きが

あります。

 

免疫力を高めることができれば、

インフルエンザが悪化するのを防いだり

体調が回復するのを早めることが

できるため、オススメの食べ物です。

 

また、ヨーグルトは消化も良く、

ドリンクタイプのものは食欲がない時でも

接種しやすいので、インフルエンザの時の

食べ物としてはベストな食べ物と言えます。

 

ゼリー飲料

ゼリー飲料には様々な種類があり

ビタミンやミネラルといった栄養を

一度に補給できるのが特徴です。

 

特に、インフルエンザの時には

食べ物を食べること自体辛い時もあるので

飲むだけで簡単に栄養を摂取できる

ゼリー飲料はオススメの食べ物と言えます。

 

ただ、冷たいものだと胃腸を冷やす

恐れがあるので、できる限り常温の物

飲むようにしたいです。

 

野菜ジュース

野菜ジュースも一度に多くの栄養を

補給できる飲み物で、食欲がない時でも

水分補給の間隔で摂取できます。

 

野菜ジュースには様々な種類がありますが

インフルエンザの時にオススメなのは

ビタミンCが多く含まれているものです。

 

ビタミンには免疫細胞である白血球の

働きを高める効果があるので、

できるだけビタミンが多く含まれている

野菜ジュースをを選びましょう。

 

避けた方が良い食べ物

逆に、インフルエンザで体調を崩している

時に食べない方が良いものとしては

  • 油を含んだ物や消化の悪い食べ物
  • 利尿作用のあるもの

が挙げられます。

消化の悪い食べ物は胃腸に負担がかかり

嘔吐や下痢の原因となる恐れがあります。

 

利尿作用のある物を摂取してしまうと

体内の水分が尿として排出されてしまいます。

特に、インフルエンザの時には発熱により

水分が急速に失われるため脱水症状になる

恐れがあります。

 

例えば、コーヒーやバナナ、きゅうり等

利尿作用があるので、熱がある時には

摂取しないように注意したいです。

 

また、一度に多くの栄養を補給できる

栄養ドリンクにもカフェインが含まれる

ものがあるので、栄養ドリンクを飲む際は

ノンカフェインのものを飲みましょう。

 

まとめ:食べやすく栄養価の高いものを食べるべき!

インフルエンザを発症すると高熱により

体力が大きく失われてしまうため、

積極的に水分補給と栄養補給を行うことが

重要です。

 

高熱により気分が悪く、食欲がない時も

あるので、できる限り消化の良い

食べやすい物や水分量・栄養価の高い

食べ物を食べるようにしましょう。