通常の風邪とは異なり、突然の高熱や

関節痛、強い寒気など全身症状が出る

「インフルエンザ」の症状。

インフルエンザの症状はとても辛いので

できる限り早くに治したいところです。

 

インフルエンザの場合、風邪の治療と

共通する点もありますが、慌てずに

しっかりと対処すれば、症状の進行を抑え

早期治療に繋がります。

 

今回は、そんなインフルエンザの

対処法について解説していきます。

インフルエンザの対処法

まずは早くに病院へ行くべき

インフルエンザの特徴的な症状である

  • 38度以上の高熱
  • 強い寒気
  • 関節痛・筋肉痛
  • 頭痛
  • 喉の痛み
  • 鼻水

といった症状が見られた場合には、

まずは早めに病院へ行くことです。

 

それは何故かというと、病院で処方される

インフルエンザ治療薬のタミフルや

リレンザ、イナビルといった治療薬は

発症から48時間以内に服用することで

効果を発揮するからです。

 

48時間以内に服用することができれば

ウイルスの増殖を抑えることができるので

症状が悪化を防いだり、服用しない場合に

比べて発熱期間を短くすることができます。

参考:インフルエンザ治療薬の効果と各種治療薬の違い

 

これらインフルエンザ治療薬は

病院でないと処方されないため、症状が

見られた場合には近くの早くに病院へ

行きましょう。

安静と水分補給が重要

インフルエンザ治療薬を服用した後は

極力安静にして、しっかりと免疫力を

回復させることが重要です。

 

また、インフルエンザで熱が出ると

大量の汗をかくため、こまめに水分補給を

行うことも大事です。

 

水分補給は水分と塩分を同時に補給できる

スポーツドリンクがオススメです。

 

突然の発熱でもすぐに使えるよう、

日頃から粉末タイプのスポーツドリンク

置いておくと安心ですよ。

 

食事による栄養補給も大事ですが

気分の悪い時に無理に食べると嘔吐する

恐れがあります。

おかゆやヨーグルト、ゼリー飲料など

できる限り胃への負担が小さい食べ物を

食べると良いです。

 

熱が下がるまでは水分補給と安静で

しっかりと休ませるようにしたいです。

汗で下着が濡れてしまった場合には

適度に新しい物に交換して、体温が

低下するのを防ぎましょう。

 

熱が下がっても数日間は要注意

インフルエンザ治療で注意したいのは

熱が下がっても数日間は感染力があり

稀にぶり返すこともあります。

 

インフルエンザの感染力は発症1日前から

発症後7日間前後まであるため、例え熱が

下がっても油断は禁物です。

 

子供の場合は解熱後2日間、幼児は

3日間外出を控えるべきとされており、

その間も学校や保育園も出席停止と

なります。

 

また、解熱後も数日間は体内に

ウイルスが残っているので、処方された

インフルエンザ治療薬は必ず最後まで

使い切るようにしましょう。

 

まとめ:高熱が出たら早めに病院へ

インフルエンザの症状は風邪の症状に

比べて、はっきりと症状がでることが多く

突然の高熱や関節痛・筋肉痛といった

症状により、インフルエンザであることが

分かります。

 

そのようなインフルエンザ特有の症状が

見られた場合には、早めに病院へ行き

インフルエンザ治療薬を服用するのが

望ましいです。

 

特に、インフルエンザ治療薬は発症から

48時間以内に服用することで効果を

発揮するため、38度以上の高熱が出た

場合には早めに病院へ行きましょう。

以上、参考になれば幸いです。