毎年、冬の12月頃から3月の春先にかけて

猛威を振るう「インフルエンザ」

 

インフルエンザが流行りだす前に

予防接種を受けていれば、例え感染しても

症状が出なかったり、万が一発症した

場合でも重症化を防ぐことができます。

 

特に、小さいお子さんや大事な受験を

控えた受験生の方にとっては、発症する

リスクそのものを下げられる予防接種は

とても重要な予防手段です。

 

今回は、インフルエンザ予防接種の

望ましい接種時期や接種回数について

解説していきます。

予防接種の接種時期

インフルエンザは例年12月上旬から、

早い時期は11月下旬から流行りだすため、

その流行が始まる前に予防接種を

受けるのが望ましいです。

 

また、インフルエンザワクチンを

接種してから、実際に抗体ができるまでは

約1週間~3週間はかかるため、予防接種を

受けてから実際に効果を発揮するまでには

時間がかかります。

 

ワクチンの効果がピークを迎えるのは

接種した後、おおよそ1か月後で、

3か月後から徐々に効果が弱まります。

 

そのようなことを踏まえると、望ましい

接種時期はインフルエンザが流行する

1か月程前なので、最初の予防接種は

10月中旬から11月末までに行うのが

望ましいと言えます。

 

予防接種の回数について

予防接種の回数は、大人は1回

13歳未満の子供は2回接種します。

 

13歳未満の子供の場合、最初の接種から

4週間ほどあけて、2回目を接種します。

2回行う理由は、子供は大人に比べて

免疫力がまだ低く、1回の予防接種では

十分な抗体が得られないからです。

 

また、より確実にインフルエンザを

防ぎたい人は、大人や13歳以上でも

2回接種することは可能です。

 

特に、受験生にとっては予防接種を

2回受けることで、受験期も安心して

勉強に取り組めます。

 

受験生の場合、11月上旬頃に1回目を、

12月中に2回目の予防接種を受ければ、

ちょうど1月、2月の受験期にワクチンの

効果がピークとなるのでオススメです。

 

予防接種の予約・接種方法について

インフルエンザの予防接種は受ける人の

数が多いために、多くの病院では予約制

取っていることが殆どです。

 

また、年度によってはワクチンが

足らずに予防接種が受けられないという

ケースもあるため、確実に予防接種を

受ける場合には早めの予約が重要です。

 

予約の開始時期は10月上旬頃から

病院が多く、早いところでは9月下旬から

予約が開始される病院もあります。

 

病院によっても開始時期は異なるので、

早めに予防接種を受けたい場合には、

最寄りの病院の予約開始時期を

調べましょう。

 

まとめ:初回は11月下旬までに接種しておきたい

例年インフルエンザが流行りだすのは

11月下旬から12月にかけてなので、

流行が始まる前に予防接種を受けるのが

望ましいです。

 

また、実際にワクチンの効果が出るのも

接種後1週間~3週間と時間がかかるので

最初の1回は遅くても11月末までには

打っておきたいところです。

 

予防接種の殆どは予約制なので

都合が合い次第、早めに予約することを

オススメします。

以上、参考になれば幸いです。