インフルエンザの前兆はこれ!筋肉痛や関節痛は要注意

samukeinhur

毎年冬の季節になると猛威を振るう

インフルエンザ。

インフルエンザの前兆や初期症状は

風邪とよく似ていると言われていますが

明確な違いとしては・・・

  • 急に38℃以上の高熱が出る
  • 寒気に襲われる
  • 全身が筋肉痛になる
  • ヒザやヒジなど関節痛になる

といった症状が現れます。

インフルエンザは風邪に比べても

非常に辛く、感染力も強いので

できる限り早期発見が重要です。

今回は、そんなインフルエンザの

前兆および初期症状の特徴や

その対処法について解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

インフルエンザの前兆はこれ!

kounetu

インフルエンザは大きな特徴として

前兆らしい前兆が見られずに

突然やってくることが大半です。

ただその分、少しでも早くに

インフルエンザを発見できれば

それだけ症状の悪化を抑えられるので

以下の症状が見られたら早めに

対処するようにしましょう。

インフルエンザはどういう病気か?

38℃以上の熱が出た場合

インフルエンザの特徴として

突然高熱が出てきます。

すでに症状が出ているので

前兆とは言い難いですが、鼻水が

先に出る風邪とは大きく違います。

特に、38℃の発熱

インフルエンザと風邪を区別する

1つの大きな目安でもあります。

昨日は何ともなかったのに

今日、朝起きたら突然高熱に

襲われたような場合には

インフルエンザの可能性が高いです。

急な寒気に襲われる

インフルエンザの特徴の1つとして

寒気に襲われるというのがあります。

通常の風邪の場合でも

寒気に襲われることはありますが

それは実際に身の回りが「寒い」

場合に限ります。

特に、インフルエンザの場合には

厚着をしていたり、布団に入っていても

寒気に襲われることがあります。

強い寒気に襲われるのは

体温を上昇させてウイルスを

撃退しようとしている証拠です。

暖かいところにいるのにも

関わらず、寒気がするような場合は

インフルエンザの前兆かもしれません。

筋肉痛や関節痛が出る

インフルエンザの特徴して

運動もしていないのに、原因不明の

筋肉痛や関節痛に襲われます。

私自身も何度かインフルエンザに

なったことがありますが

インフルエンザの場合、この筋肉痛や

関節痛ははっきりと症状が出ます。

寝て横になっているような

何もしていない時でもヒザやヒジが

痛く、筋肉もひきつった感じで

痛みます。

ぶつけたり、運動した訳でもないのに

これらの症状が出る場合には

インフルエンザの前兆かもしれません。

スポンサーリンク

インフルエンザの症状が見られたら

uirusutaisak

マスクや手洗いで二次感染を防ぐ

インフルエンザの感染力は強く

患者のくしゃみや咳で空気中に

大量にウイルスが飛び散ります。

まず、インフルエンザが疑われたら

本人だけでなく、その家族の方も

マスクや手洗いを徹底して行い

二次感染を防ぐことが重要です。

特に、高齢者の方や小さい子は

インフルエンザによって重症化する

危険性があるので、要注意です。

できる限り早くに病院へ行く

インフルエンザの治療薬である

タミフルやリレンザなどは

インフルエンザが悪化する前の段階で

使うほど高い効果を発揮します。

そのため、理想的なのは

インフルエンザが疑われたら

すぐに病院へ行くことです。

また、特に運動したわけでもないのに

関節が痛かったり、寒気がするといった

場合でも、インフルエンザの前兆の

可能性が高いので、早めに病院へ

行きましょう。

体を休めて体力をつける

インフルエンザっぽいけれど

休日や祝日で病院が休みだったり

時間がないということもあるでしょう。

そのような場合には、無理をせず

できる限り安静にして体を休め

無駄に体力を消耗しないよう

十分に気を付けましょう。

熱が出ている場合には

水分補給も欠かさず行って

脱水症状を防ぐことも重要です。

今すぐ役立つ!風邪を早くに治す5つの方法はこれだ!

こちらも参考になればと思います。

まとめ:突然の発熱・寒気・筋肉痛には要注意!!

インフルエンザの前兆は

突然の高熱、寒気、

筋肉痛、関節痛の4つ

大きな特徴です。

もしこれらの症状が現れた場合には

二次感染を防ぎつつ、できる限り

早くに病院へ行きましょう。

また、普段からインフルエンザに

負けない体力を作るのも重要なので

風邪やインフルエンザが流行る時期は

生活習慣にも十分に気を付けましょう。

サプリメントでも栄養を補うのもオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加