虫歯の治療をした後の

歯に詰まっているインレー。

 

虫歯治療を受けた方なら

一度は聞いたことがあると思います。

 

ただ、このインレーが実際に

どのような働きをしていて

どんな種類があるのかまで

知っている人はあまりいないでしょう。

 

今回は、このインレーとは

一体何なのか解説していきます。

■ インレーとは

インレーは虫歯を削った後の

穴を埋めるために詰めるもので

良く「詰め物」と言われています。

 

インレーは主に虫歯を削った際の

小さい穴を塞ぐために使うものです。

 

ただ、虫歯が大きく削った範囲が

大きい場合や噛み合わせに

影響する場合はかぶせ物になります。

 

このインレーがあるおかげで

削った穴を塞ぐだけでなく

その歯が再び虫歯になるのを

防いでくれます。

 

■ インレーの種類

inrei2 (1)

基本的には保険の適応する

インレーの場合は銀のインレー

(銀歯)とレジンの2種類です。

 

見た目はあまり良くないですが

保険適応の物なので一般的には

この2種類のインレーが

使われることが多いです。

 

inrei2 (2)

 

保険の適応外のインレーには

セラミックインレーや

ゴールドインレー(金歯)

2種類が挙げられます。

 

もちろん見た目や耐久性の

観点から見ても、保険適応外の

インレーの方が優れています。

(高い費用を出すのだから

当たり前という感じですが・・・。)

 

保険適応のインレーには

欠点があり銀歯のインレーの場合

金属なので金属アレルギーが

発生する恐れがあります。

 

もう一方のレジンは吸水性が

あるので長期間使っていると

変色や強度が低下します。

 

■ インレーの費用

保険適応のインレーの場合

1つの歯あたり2000円以内

言われています。

 

一般的にどこの歯医者で

治療を受けたとしても

あまり変わらず保険適応の

インレーの費用は高くても

2000円程だそうです。

 

ただ、保険適応外のインレーの

場合は、患者の求めるインレーの

種類や治療を行う歯の本数にも

大きく異なるのではっきりとは

分かりません。

 

個人的にいくつか調べたところ

最低でも5万程かかる物が

多いように思えます。

 

保険適応外のなので高いものは

10万もする高級なインレーもあります。

 

見た目にこだわらない方は

保険適応のインレーで

十分だと思います。

 

ただ、長期的に見ればどこかで

保険適応外のインレーに

変える方が良いと思います。

 

■ まとめ:インレーにも様々な種類がある

このようにインレーは

単純に虫歯治療でできた穴を

塞ぐだけでなく、虫歯の

再発を防ぐ目的もあります。

 

インレーの種類は様々ですが

一般的なレジンのインレーでも

日常生活には全く問題ないので

無理に保険適応外のインレーを

付ける必要はないと思います。

 

どうしても見た目が気になる、

保険のインレーが劣化してきた

という方は、保険適応外の

インレーを使うのが良いでしょう。

 

保険適応外のインレーは

費用も馬鹿にならないので

よく考えてから決めましょう。

 

ただ、根本的に虫歯自体を

作らないことが一番重要なので

普段の歯磨きも疎かにしないように。

【奥歯も磨けてる?】歯の正しい磨き方とは?

以上、参考になれば幸いです。