一定の周期でやってくる花粉症による

鼻水や目のかゆみといった諸症状。

 

基本的に花粉症の諸症状を引きおこす

原因はスギやヒノキなどから散布される

花粉ですが、実際には他にも花粉症の

原因に繋がる要素があります。

 

今回は、その花粉の原因について

解説していきます。

花粉の原因

スギやヒノキなどの花粉が元凶

花粉症の根本的な原因は、スギや

ヒノキなどが散布する花粉です。

 

花粉症を起こす樹木の種類自体も数多く

  • シラカンバ
  • ハンノキ
  • スズメノテッポウ
  • スズメノカタビラ
  • ヨモギ
  • ブタクサ
  • イネ

など、他にも花粉を出す樹木や草木は

多いです。

そのため、一年を通して何らかの樹木の

花粉が舞っていることになります。

 

特に、スギの木は、戦後の建築資材の

需要に対応するため、大量に植林が

進められた木であり、成長したスギの

木による花粉が花粉症の最も大きな

原因となっています。

 

日本にスギの木が大量に植林されている

理由は、元々スギの木は育てやすい

木であり成長も早いことから、戦後の

復興に役立つ材料として期待されていた

時代背景があったからです。

 

ただ、近年はそのようなスギ花粉による

弊害が深刻となってきたために、

多少なりとも植え替えなどで対策を

始めている現状にあります。

 

しかし、花粉だけでは花粉症にはならない

根本的な原因は確かに花粉にありますが

単純に花粉の量が多いからと言って

必ずしも花粉症を発症するとは

限りません。

 

花粉だけが原因で花粉症を発症する人は

あまり多くなく、花粉症を発症する人の

多くは、何らかのアレルギー体質

持っていることが分かっています。

 

そのアレルギー反応を引き起こす

原因となっているのは、大気汚染や

排気ガスなどです。

 

花粉症の症状を持っている人の割合は

農村部よりも都心部の方が多いという

調査報告があり、排気ガスなどに

含まれる粒子と花粉を一緒に吸い込む

ことが原因で、アレルギー反応として

花粉症を発症してしまうのです。

 

とりわけ都心部は、アスファルトに

覆われているため、地面に落ちた花粉が

土に吸収されず、風や車の排気等で

再び舞い上がります。

 

それ故に、都心部では花粉や排気ガスを

吸い込んでしまいやすく、花粉症の

症状が出やすいのです。

高タンパク寄りの食生活

タンパク質は免疫反応を正常に

維持するためにも欠かせない

栄養素ですが、逆にタンパク質を

摂り過ぎてしまうとアレルギー反応を

引き起こすこともあります。

 

特に、偏った食生活はタンパク質の

過剰摂取に繋がりやすいので

注意が必要です。

 

ストレスも関係している

ストレスを受けると自律神経が乱れ

体の免疫反応に異常をきたし、花粉症を

誘発する恐れがあります。

 

過度なストレスを受けたり、ストレスを

溜めすぎると、免疫力が低下し、

花粉症になりやすくなるだけでなく

うつ病や偏頭痛といった様々な諸症状を

引き起こす原因にもなります。

 

趣味などで自分の好きなことを

やったり、適度な運動等でストレスを

ため込まないようにすることが

花粉症予防にも繋がります。

 

まとめ:花粉症は花粉だけが原因ではない!

花粉症は、一見すると花粉の量が

多いことが原因のようにも思えますが

実際には、花粉そのものだけでは

花粉症を引き起こすことは少ないです。

 

花粉に加えて、排気ガスに含まれる

有害な粒子も一緒に吸い込む、または

偏った食生活やストレス等で免疫機能が

低下することによって、アレルギーを

引き起こし、その異常な免疫反応が

花粉症を引き起こす原因なのです。

 

花粉対策だけでなく、空気の悪い場所を

避けたり、食生活の見直し、ストレスの

解消など、原因となる要素をできる限り

取り除くようにして、花粉症を予防して

いきましょう。

 

【今すぐ鼻水を止めたい!】花粉症の応急処置はこの5つ!

こちらも参考にして頂ければ幸いです。