あなたは壊血病という言葉を聞くと

何を想像するでしょうか。

 

壊血病と言えば、世界史の16世紀から

18世紀の大航海時代によく出てくるため

過去の病気と思われがちですが

実は現代人でも壊血病になる

危険性があります。

 

特に、近年は食生活の変容によって

食事の栄養バランスが乱れることが

増えてきたこともあり、壊血病になる

リスクは現代にも潜んでいます。

 

今回は、この壊血病について

分かりやすく解説していきます。

壊血病の原因はこれ!

極度なビタミンC不足が原因!

remonbitaminc

壊血病になってしまう根本的な原因は

体内のビタミンCが不足することです。

 

ビタミンCが不足することで発症する

病気なので、それ以外の原因は

ありません。

 

ビタミンCが不足し壊血病になると

全身の毛細血管や骨、筋肉等が弱まり

免疫力も低下するため

感染症にかかりやすくなります。

 

元々ビタミンCには病気への抵抗力を

強めるという重要な役割を持っている

栄養素であり、よく風邪を引いた時に

ビタミンCが効果的と言われるのは

このためです。

ビタミンCを補給できる栄養ドリンクはこれ!

 

中世の大航海時代が始まったばかりの

当時は、壊血病の原因がビタミンCに

あることが分からなかったために、

一度壊血病を発症したら、対処法もない

不治の病と言われていました。

 

壊血病の具体的な症状

hiroudaturyoku

壊血病の症状としては

  • 出血しやすくなる
  • 風邪(感染症)にかかりやすくなる
  • 骨粗しょう症
  • あざができる
  • 貧血
  • 疲労感

といった症状が現れます。

 

特に、毛細血管は体の異変が

反映されやすいため、ちょっとした

刺激で出血したり、吐血するのも

壊血病の症状の特徴と言えます。

 

 

症状が悪化すると命にかかわる

危険もあるので、日常生活の中で

しっかりとビタミンCを補給することが

重要です。

現代の食生活の中に潜むリスク

fasutohudojyank

壊血病は一見すると、多様な食べ物に

あふれている現代においては

全く無縁の病気のように思えますが、

実際には日常生活の中に壊血病になる

リスクが潜んでいます。

 

例えば、ファーストフードや

ジャンクフード、インスタントラーメン

といった食品を好んで食べる人や

一部の食べ物しか食べないといった

偏食気味の人は特に気を付けたいです。

 

また、壊血病は突然発症するのではなく

比較的緩やかに進行していくために

壊血病であることに本人も気が付かず

気が付いたら重症化していた

ということも多いです。

 

重症化すると体のいたるところで

症状が発生するので、時には意識して

ビタミンCを補給しましょう。

 

先人の人たちは航海に柑橘類の果物を

取り入れただけで、壊血病患者の

減少に繋がったので、私たちも

毎日の食事の中でちょっと意識して

柑橘系や生魚を取り入れれば

意外と簡単に防げる病気なのです。

 

まとめ:食生活を見直してビタミンCを補給しよう!

壊血病は過去の病気と言われてますが

自分自身が食べたいものを自由に

選べるようになった飽食の現代では

逆に発症するリスクが高まったと

言えます。

 

日常的に柑橘系の果物を食べない、

あるいは特定の食べ物だけを食べる、

ジャンクフードを好むといった人は

壊血病を引き起こす危険が高いです。

 

ビタミンCが不足することが根本的な

原因なので、日ごろからビタミンCを

あまり摂っていないのであれば

この記事を読んだことをきっかけに

ぜひともビタミンCを取り入れましょう。

ビタミンCを補給できるオススメの栄養ドリンクはこちら!