寒い時期になってくると必ず訪れる

「手や指先のかじかみ」

かじかんでしまうと上手く指先を

動かすことができなくなるため、

とても困りますよね。

 

今回は、手足の指先がかじかむ原因と

その対処法について解説していきます。

かじかんでしまう原因

血管の収縮によるもの

手がかじかんでしまう原因は、

寒さによって指先の血管が

縮まってしまうことが原因です。

 

これは血管を縮めることにより

血液量を減らすことで、余計に体温を

逃さないようにする体の反応でも

あります。

 

また、体温を維持するために血液が

体の深部に集まるので、末端部分の

手足には血液が行き届きにくくなります。

 

そのため、基本的には寒さによる冷えを

解消することができれば、かじかみを

治すことができます。

以下、対処法を見ていきましょう。

 

かじかんでしまった時の対処法

脇の下か首元で温める

今すぐにでも温める方法としては

手を脇の下に入れることです。

 

脇の下には太い大動脈が走っているため

体温も安定している部位です。

外が寒い状態でも脇の下は温かいので

そこに手を入れるだけでもある程度は

温まります。

 

ただ、厚着をしている状態や公衆の面前で

脇の下に手を入れるのは困難なので、

その場合は首に手を当てて温めると

良いです。

 

首も脇の下と同様、体温の高い部位なので

手を温める際も最適な場所です。

首なら脇の下に手を入れるほど目立たず、

すぐに温められます。

 

自販機やコンビニで暖かい飲み物を買う

自販機やコンビニで販売されている

暖かい飲み物を購入し、それを手に

持つことで温める方法です。

 

冬の季節であれば、ほぼ全ての自販機に

暖かい飲み物が用意されているため、

今すぐ手を温めたい場合にも効果的です。

 

また、手を温めた後は、その飲み物を

飲むことでも体を温めることができます。

まさに一石二鳥と言えますね。

 

ただし、缶の飲み物の場合、

容器がかなり熱くなっているので

やけどには十分注意したいです。

 

指先を動かして温める

指先をグーパーと力を込めて

動かすことでも温めることができます。

 

グー・パーと大きく動かすことで指先の

筋肉が刺激され、指先からしっかりと

温まります。

また、グー・パーと動かす際は素早く

動かすよりも、ゆっくり力を込めて

動かした方が手が温まりやすいです。

 

ちなみに、手をこすり合わせて

摩擦で温める方法もありますが、

手が乾燥していると滑ってしまい

上手に温めることができません。

 

しかし、摩擦熱で温める前に指先の

筋肉を動かしておけば、手に汗をかいて

摩擦熱を起こしやすくなります。

 

乾燥している時にこするのと汗をかいた

状態でこするのでは摩擦熱の大きさも

大分違うので、自力で手を温める際は

順番に気を付けましょう。

 

ぬるま湯で温める

自宅であれば洗面器等にお湯を入れ、

直接手を入れて温めるのが効果的です。

 

また、外出先であっても、お手洗い等で

お湯が出る場合には、そこで手を

温めるのも良いでしょう。

 

ただ、かじかんだ手をいきなりお湯に

つけてしまうと、ヒリヒリと痛みを

伴うことがあるので、お湯につけて

温める際は、ぬるま湯から少しずつ

温めるようにしましょう。

 

まとめ:冷えを防ぐことが一番重要

このように手がかじかんでしまう原因の

殆どは寒さによる血管の収縮にあります。

 

そのため、かじかんでしまった場合には

しっかりと手を温めることでかじかみを

治すことができます。

 

個人的に、外出中であれば自販機などで

購入できる温かい飲み物を利用するのが

オススメですが、自宅にいる場合には

ぬるま湯につけて温めると良いですね。

 

治し方はその時の状況次第といった

感じなので、自分に合った方法で

かじかみを治しましょう。