髪の毛が硬くてゴワゴワする!

あなたはそのような体験をしたことが

あるでしょうか。

 

髪の毛1本1本に、キューティクルと

呼ばれるうろこのような重なりがあり

本来であれば、そのうろこのおかげで

髪の毛がゴワゴワになることは

ありません。

 

しかし、そのキューティクルが

めくれてしまうと、髪の毛が

ゴワゴワになるだけでなく

髪の毛を守る機能も低下するので

傷が付きやすくなり、薄毛や脱毛の

原因にもなってしまいます。

 

今回は、この髪の毛がゴワゴワに

なってしまう原因について

解説していきます。

髪の毛がゴワゴワになる原因

紫外線の影響

sigaisentaiyou

髪の毛がゴワゴワになってしまう

大きな原因として紫外線があります。

 

紫外線と言えば、肌だけが

関係していると思われがちですが、

実際は髪の毛も日常的に、

非常に多くの紫外線を浴びているため

その影響は大きいです。

 

紫外線の熱によって髪の毛が

乾燥するとキューティクルの

重なりがめくれてしまいます。

 

また、紫外線は髪の毛を構成する

たんぱく質を分解するので

長時間、紫外線を浴び続けていると

髪の毛がもろくなってしまいます。

 

とりわけ、夏の紫外線が強い時期は

帽子をかぶったり、用がない時は

日陰に入るといった対策を取るのが

重要となります。

 

特に、髪の毛は肌と違って

日焼けの痛みといったダメージを

受けすぎたことによる自覚症状が

全くなく、知らない間に髪の毛を

傷つけてしまいがちなので

十分注意したいところです。

 

シャンプーによる影響

syanpusekkenn

シャンプーの使い方を間違えていると

髪の毛を痛めてしまい、ゴワゴワの

原因となってしまいます。

 

シャンプーには強い洗浄力が

ありますが、その洗浄力が強い分

髪の毛の水分までも余計に

取り除いてしまうことがあります。

 

シャンプーには

  • アルコール系
  • 石けん系
  • アミノ酸系

の3つがありますが、中でも

アミノ酸系シャンプーは髪の毛への

刺激が小さいシャンプーなので

ゴワゴワ対策にオススメです

 

また、髪の毛を頻繁に洗うことも

水分を失う原因にもなります。

頭を洗うのは1日1回で十分であり

それ以上何度も洗うのは逆効果と

なってしまうので注意しましょう。

タオルドライのやり方が原因

taorubasutaoru

タオルで髪を拭くことを

タオルドライと言いますが

この時に髪の毛をごしごしと

拭いてしまうと髪の毛を

傷める恐れがあります。

 

ゴシゴシとふき取ると、髪の毛の

キューティクルをめくってしまい

せっかく髪の毛を洗い整えても

タオルドライを間違えてしまうと

台無しになってしまいます。

 

やたらゴシゴシと拭くのではなく

タオルで髪の毛を挟んで軽く

ぽんぽんと叩くような感じで

ふき取るのが効果的です。

 

砂ぼこりや粉じんが髪の毛につく

sunabokori

風が強く、砂ぼこりや粉じんが

まっている環境の中に長時間いると

髪に砂ぼこりが付着し、髪の毛が

ゴワゴワになってしまいます。

 

分かりやすい例として、

学校のグラウンドが挙げられます。

砂のグラウンドであれば、強風で砂が

巻き上げられ、ものすごい砂ぼこりが

発生しますよね。

 

また、学生の頃、運動会や

体育祭が終わって家に変った後、

頭を洗った時に、髪の毛が

ゴワゴワしていませんでしたか?

 

砂ぼこりや粉じんが付着し、

髪が乾燥することで髪の毛が

ゴワゴワになってしまうのです。

 

乾燥は一時的ではあるものの

何度も繰り返すと髪へのダメージが

大きくなりキューティクルを傷める

恐れがあるので気を付けたいです。

 

まとめ:髪の毛を乾燥させないことが重要!

このように髪の毛がゴワゴワに

なってしまうのには、髪の毛が

傷んだり、乾燥してしまうことに

原因があります。

 

髪の毛のゴワゴワを気にして

何度も洗ったりシャンプーを大量に

使うのは逆効果となってしまいます。

 

できる限り、髪の毛に刺激を与えず

対策できるところはしっかりと

対策して髪の毛がゴワゴワになるのを

防ぎましょう。

以上、参考になれば幸いです。