髪の毛の正しい拭き方はこう!タオルでゴシゴシは絶対NG!

nyuyokugotaorudorai

非常にデリケートな組織である

髪の毛。

入浴で髪の毛を洗った後は

必ず乾かす必要がありますが

その髪の毛の拭き方によっても

その後の髪の状態の良し悪しが

左右されてしまいます。

せっかく髪の毛をきれいに洗って

整えたのに、最後の最後で

台無しにしてしまうのは

もったいないですよね。

今回は、その髪の毛の正しい

拭き方(乾かし方・タオルドライ)の

方法について解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

髪の毛の正しい拭き方(乾かし方)

ゴシゴシとタオルで拭くのは厳禁!

ngkinsigenkin

髪の毛についた水滴をふき取るとき

あなたはタオルでどのようにして

拭いていますか?

無意識にゴシゴシと力を入れて

拭いていないでしょうか?

実は、タオルでゴシゴシと拭くことは

髪の毛のキューティクルという

髪の毛のうろこともいえる部分が

めくれてしまい、髪の毛がゴワゴワ、

ボサボサになる原因となります。

特に、入浴後はキューティクルが

開いているために、この時にタオルで

ゴシゴシと拭いていては、髪の毛に

大きなダメージを与え、追い打ちを

かけているのと同じです。

早く乾かしたい気持ちも分かりますが

髪の毛を良い状態に保つのであれば

できる限り、ゴシゴシと拭くことは

控えましょう。

スポンサーリンク

正しい拭き方は拭くよりも吸い取らせる!

taoruhukitoru (2)

では、どのようにして拭くのが

良いかと言うとタオルで髪の毛を

挟んで、軽くトントンと叩いて

水分を取り除くのが良いです。

どちらかと言うと拭くというより

髪についた水分を吸い取るような

イメージに近いです。

手順については、まず入浴後、

浴室から出る前に軽く頭を振ったり、

手で水分を払っておくと、ある程度

水分を減らせるので浴室から出る前に

大雑把に水分を払いましょう。

次にタオルで体を拭いていきますが

この時、髪の毛から拭くように

意識しましょう。

入浴が終わったらすぐに髪の毛を

乾かすことが重要です。

入浴・シャンプー後すぐに髪の毛を

乾かすことができれば、髪の毛に

クセが残らず、ほこりなどが髪に

付着しずらくなるので、髪が傷むのを

防げます。

また、濡れたタオルでは髪の毛に

付いた水分を十分に取ることが

できないので、タオルが濡れていない

一番最初にまず髪の毛を拭き

その後、体を拭くように進めると

良いです。

拭くときも髪の毛に軽く添える形で

当てていき、優しく手もみして

水分をふき取っていきましょう。

髪の毛が長い間には、タオルで

髪の毛を包み込むようにして挟み

水分をふき取ると良いです。

ちなみに、タオルだけでなく

ドライヤーでも髪を乾かせますが

ドライヤーは事前に、ある程度

タオルで水分をふき取ってから

使用するのが前提となっています。

タオルで髪の毛の水分を取る作業は

髪の毛や頭皮を、きれいかつ健康に

保つために非常に重要なことなので

まずはタオルでの正しい拭き方を

しっかりと覚えておきたいです。

オススメのタオル

taoruhukitoru (1)

上記の通りに、正しい拭き方は

水分をふき取るよりも吸い取るという

感じなので、使用するタオルも

できる限り、吸水性に優れる

タオルを使うのが望ましいです。

吸水性に優れる素材としては

  • マイクロファイバー
  • 綿100%

の2つが特に優れています。

イメージとしてはスポンジのような

吸水性に優れるタオルが良いですね。

また、あまり長い間同じタオルを

使っていると、タオルがゴワゴワに

硬くなって髪を傷つけたり、雑菌が

繁殖して不衛生になってしまうので、

タオルも定期的に新しいモノへ

交換することも大切です。

まとめ:タオルで拭くのではなく吸水させるべき!

このように髪の毛についた水を

タオルで拭く際には、力を入れて

ゴシゴシと拭くのではなく、軽く

添える感じで、タオルに水分を

吸い取らせることが重要です。

慣れないと面倒なので、無意識に

ゴシゴシと拭いてしまいがちですが

髪の毛を美しく保つのであれば

優しくタオルを添えて、やたらに

刺激を与えないようにしましょう。

以上、参考になれば幸いです。

しっかりと拭いたらドライヤーで乾かしましょう!正しいかけ方はこちら!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加