蚊に刺されによる腫れの対処法はこの3つ!

kanisasare

春から夏の暖かい季節に登場する

厄介な蚊に刺され。

蚊に刺されると、これはもう

言葉では上手く表現できない

イライラに悩まされますよね・・・。

蚊に刺されの対処法は

  • 冷やして腫れを抑える
  • 温めて痛みの原因を取り除く
  • 市販薬を塗って沈静化させる

の3つが重要です。

今回は、この蚊に刺されによる腫れの

対処法について解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

蚊に刺されの対処法はこれ!

かかずにまずは冷やす!

蚊に刺されてしばらくすると腫れて

かゆくなりますが、これは蚊の唾液に

対して、皮膚がアレルギー反応を

引き起こしているのが原因です。

そのような腫れを治すためには

まずその腫れている箇所を

冷やしましょう。

水流で冷やしたり、保冷材を

タオルにまいて、腫れている

箇所をとにかく冷やしていきます。

冷やすことで神経の活動が

抑えられ過剰に反応することを

防いでくれます。

冷やしてダメなら温める!

冷やすこととは真逆ですが

腫れを抑える方法として

温めるのも効果があります。

これは、アレルギー反応の原因である

蚊の唾液は熱に弱いたんぱく質で

できているため、温めるとかゆみが

軽減されるという訳です。

私自身、さすがにそれはないと

思っていましたが、考えてみれば

お風呂に入っているときには

かゆみを感じませんよね。

ちょっと熱いぐらいの蒸しタオル

蚊に刺された部分に当てることで

かゆみを抑えることができます。

40度~50度ぐらいが良いとされます。

濡れタオルは水を含ませたタオルを

レンジで少し温めれば簡単に作れます。

ただ、あまり熱いものを無理して

当てると、やけどする恐れがあるので

十分に注意しましょう。

低温やけどの原因や対処法はこれ

また、冷やすのと温めることの

どっちが効果があるかと言われると

結構、主観的な感覚に左右されます。

個人的には、冷やした方が

腫れを抑えられる感じですね。

スポンサーリンク

薬を使って腫れを抑える

蚊に刺されの理想的な対処法は

蚊に刺された部分に、虫刺され用の

薬を使うことです。

蚊に刺されに対して役立つ市販薬は

ekitaimuhi

池田模範堂の液体ムヒS2a

オススメです。

また、蚊に刺された部分が

まぶたや目の近くといった場合には

クリームタイプの薬の方が

良いでしょう。

ただ、虫刺されに効く薬の大半は

第二類医薬品なので薬局など

薬剤師がいるところでないと

購入できないので気を付けましょう。

oronai

ちなみに、皮膚の薬の鉄板である

オロナインを蚊に刺されに使うのは

良くないです。

オロナインは逆に症状が悪化する

恐れがあるので気を付けましょう。

オロナインの使い方にも

書いてありますが、ここは意外と

見落としやすく、勘違いしている

人も多いので気を付けましょう。

かかないことも重要

蚊に刺されると、かゆくて

こすってしまいたい気持ちは

とっても分かりますが

かきむしってしまうと周辺の

皮膚をも傷つけてしまいます。

やたらにかいてしまうと

皮膚炎を引き起こしたり、化膿して

傷の治りが悪くなる恐れもあります。

どうしてもかゆい場合には

ガーゼや絆創膏で傷口をふさいだり

かゆみに貼るパッチタイプの

市販薬を使うのも効果的です。

pict_makiron_pat_ace

パッチは第一三共ヘルスケア

販売しているマキロンパッチエースが

オススメです。

特に、蚊に刺されは

寝ているときにも無意識に

かいてしまうことがあるので

パッチは結構オススメです。

塩は塗らないようにする

蚊に刺され対策の中には

塩を塗るのが良いと言われていますが

塩を塗るのは控えましょう。

塩は確かに防腐作用がありますが

医療の分野において虫刺されに

塩は使われていません。

また、ひっかいた後の部分に

塩を塗りつけると強い痛みを伴い

逆に炎症を悪化させる恐れがあるので

塩は使わない方が良いですよ。

私自身、昔やったことがありますが

痛すぎて辛いのでやめました。笑

まとめ:症状がひどい場合は早めに皮膚科へ

蚊に刺されに対しては

  • 冷やして腫れを抑える
  • 温めて痛みの原因を取り除く
  • 市販薬を塗って沈静化させる

の3つの方法で対処しましょう。

また、蚊に刺されが多くなる

春夏のシーズンは蚊に刺され対策の

市販薬を一つは常備しておくことを

オススメします。

ただ、蚊に刺されといっても

油断せず、あまりに腫れやかゆみが

強い時や薬を使っても治らない場合は

早めに皮膚科へ行きましょう。

以上、参考になれば幸いです。

【ストレスのせいかも】皮膚がかゆくなる5つの原因とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加