加齢黄斑変性の予防に必要な栄養素とその効率良い摂取法はこう!

kenkousyokujibaransu

ものを見るときに重要な組織である

黄斑が傷つくことで発生する病気、

加齢黄斑変性

(かれいおうはんへんせい)

明確な原因は分かっていない

恐ろしい病気ではありますが、

研究によって、目の健康時に必要となる

栄養を補給することで、その発症の

リスクを下げることができます!

今回は、その加齢黄斑変性を

予防改善するために必要な

栄養素について解説していきます。

加齢黄斑変性の予防方法

体内の抗酸化作用を高める!

tyunengenkigatupoz

まず、加齢黄斑変性とはどういう病気か

簡単に言うと、網膜の中心部分で

視力をつかさどる黄斑という組織に

異常が起こる病気です。

根本的な原因については未だに

明らかになっていませんが、

その原因の1つに、活性酵素の

増えすぎが挙げられます。

活性酵素は呼吸で体内に取り込んだ

酸素の一部が変化したものであり

強い酸化力を持っています。

本来、活性酵素は体内のウイルスや

細菌を排除する優れた酵素ですが

必要以上に作られてしまうと

その強い酸化力によって

正常な細胞をも破壊してしまいます。

加齢黄斑変性は、この活性酵素により

黄斑が傷つけられ、発症することも

あると言われています。

ただ、人間の体には抗酸化作用という

活性酵素が増えすぎるのを防ぐ機能が

備わっているため、通常は過剰に

活性酵素が作られることはありません。

gurahuteika

しかし、この抗酸化作用は

加齢に伴い低下していきます。

加齢黄斑変性が高齢者に多いこと

この抗酸化作用の低下と

関係しています。

そのため、加齢黄斑変性を防ぐには

この抗酸化作用の働きを持つ栄養素を

積極的に取り入れることができれば

その発症のリスクを抑えることが

できるという訳です。

必要になる栄養素はこれ!

抗酸化作用があり、なおかつ

目の健康維持にも重要な役割を

持っている栄養素の代表例は

  • ルテイン/ゼアキサンチン
  • 亜鉛
  • ビタミンA(βカロテン)、C、E

の3つです。

ルテイン/ゼアキサンチン

ryokuousyokuyasai

ルテインは、天然色素である

カロテノイドの1つであり、

このカロテノイドは紫外線や光など

外部からの刺激から目を守り、

正常な視界を保つ働きを持ちます。

また、カロテノイドには

強い抗酸化作用があるので

活性酵素の増加を防ぐのにも

役に立つので、加齢黄斑変性の

予防にも役立ちます!

ルテインは、目の健康を維持する上で

非常に重要な栄養素です!

また、ゼアキサンチンもルテインと

同じカロテノイドの1つであり、

こちらも強い抗酸化作用を持つ

重要な栄養素となります。

主に、ケールやほうれん草、

にんじんなどの緑黄色野菜や

納豆にも多く含まれています。

亜鉛

kakisyasin

亜鉛もルテインと同様に

外部からの刺激から網膜を守る

働きがあります。

亜鉛が不足すると、目が疲れやすくなり

ものが見えにくくなります。

亜鉛も目の健康維持の上では

欠かすことのできない栄養素です。

亜鉛は、魚介類や肉類などの

動物性食品に多く含まれています。

ビタミンA(βカロテン)、C、E

ryokuousyokuyasai

これら3つのビタミンには

強い抗酸化作用があるので

活性酵素の増加を抑えられます。

βカロテンはビタミンAになる前の

栄養素であり、体内でビタミンAに

変換されます。

これらビタミンには眼精疲労を

取り除く効果もあるので

目の疲れの改善に役立つ栄養素です!

また、角膜や網膜の細胞を正常に保ち

涙の分泌量も正常に保つ働きもあるので

ドライアイ予防にも欠かせない

栄養素となっています。

主に、緑黄色野菜やレバーに

多く含まれています。

食事で取るかサプリで取るか?

このように、加齢黄斑変性を

防ぐためには

  • ルテイン
  • 亜鉛
  • ビタミンA(βカロテン)、C、E

の3つの栄養素が重要なことは

確かですが、現実的にこれらの

栄養素を毎日の食事から摂取するには

あまりにも無理があります。

例えば、ルテインの1日の摂取量の

目安は1日に6mg以上であり、

これはほうれん草で換算すると

おおよそ4.5株ほどとなります。

亜鉛の場合には、牡蠣を1日5個〜6個

食べれないと1日の摂取量には

届きません。

nayamisutoresu5

こうしてみると、現実問題、

これらの全ての栄養素を毎日の食事で

補うことは到底不可能であり、

目安の摂取量はあくまでも理論上の

数値でしかありません。

しかしながら、必要な栄養素のみを

抽出させたサプリメントであれば

単純にカプセルを飲むだけでよいので

わざわざ栄養補給に必要な食べ物を

食べなくてもそれを実現できます。

そのため、目への栄養不足で

加齢黄斑変性や他のトラブルが

起こるのを確実に防ぐのであれば

サプリメントで補う方が時間的にも

金銭的にも合理的です。

サプリメントであれば1つで

全ての栄養素をカバーできるので

現状の食生活を変える必要もなく

栄養バランスのことで悩むことも

ありません。

目の栄養補給に最もオススメなのは

この「めなり」というサプリです。

menari

このサプリメントは目の健康維持に

必要な栄養素を集めたサプリであり、

ルテイン、ゼアキサンチン、亜鉛、

各種ビタミンといった重要な栄養素は

全て含まれています。

あらゆるサプリメントの中でも

目の健康を第一に考えている

サプリなので、加齢黄斑変性以外にも

緑内障、白内障といった他の目の病気の

予防にもつながります。

とにかく手っ取り早く、なおかつ

合理的に栄養を補給するのであれば

この「めなり」のサプリメントを

オススメします!

ちなみに、今なら期間限定で

初回の価格が税込み907円と

お得なキャンペーン中なので

サプリメントを試したいという方は

今すぐチェックすると良いです!

kousikibotangazou

まとめ:確実に対策するのであればサプリが手っ取り早い

このように、加齢黄斑変性を

防ぐためには、活性酵素が過剰に

増えることを防ぐことが重要です。

そのためには抗酸化作用のある栄養素と

目の健康維持に必要な栄養素を

しっかりと補う必要があります。

毎日の食事の中でも1日の摂取量を

取れないこともありませんが、

効率が悪く、食品の保存や料理の

バリエーションといった現実的に

別の問題も発生します。

確実に目の健康を維持したいなら

めなりのサプリメントの使用を

オススメします。

以上、参考になれば幸いです。


kousikibotangazou

  • このエントリーをはてなブックマークに追加